日本から見たサピエンス全史#16◉田中英道◉日本の巨大古墳は清掃して復元することが民族の責務★世界遺産に認定された仁徳天皇陵&応神天皇陵(百舌鳥・古市古墳群)

Share
Embed
  • Published on Aug 28, 2019
  • 先祖代々のお墓はいつも綺麗に!雑草一つ生やしてはいけません!そう育った方も多いのではないでしょうか。では何故、此度世界遺産となった仁徳天皇陵、応神天皇陵は木々に覆われたままなのでしょう?
    古墳に関しては、どこか見て見ぬ振りをしてきたような日本人を、あらためてハッとさせる田中史観が、今回も躍動しています。ぜひ心してご覧下さい!
    ★「日本から見たサピエンス全史」再生リスト:bit.ly/2RondKP
     または:ru-clip.com/p/PL7MaEu9i584dn2ROUxIMMgGffBvaYwfID
    ★ 田中先生へのご質問・ご感想 info@hayashibara-ch.jp
    <田中先生推薦の書!帯に推薦文あり!>
    ★『あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」(復刻版) 』モルデカイ・モーゼ
    Amazon:www.amazon.co.jp/dp/499108900X/
    →在庫切れが続いておりますが随時追加補充しております。
    Yahoo!林原書店オープン!:store.shopping.yahoo.co.jp/hayashibara-book/
    ===================
    <目次的な!>
    ・「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群」(大阪府)が世界文化遺産に(2019年7月6日決定)
     「仁徳天皇陵古墳」「応神天皇陵古墳」を含む49基の古墳で構成される
    ・古墳時代につくられた日本の古墳は、鹿児島から青森まで全国に存在する。その数約16万基
    ・何故これまで日本の古墳は大事にされて来なかったのか?
    ・皇室の大事なお墓だからこそ、綺麗に作られたままの状態にすることが日本民族の責任  
    ・主要な古墳を復元していくことは、これからの日本の文化事業で重要なこと
    ・関東にも古墳が沢山あることを多くの人は知らない
    ・『ホモ・デウス - テクノロジーとサピエンスの未来』
     ユヴァル・ノア・ハラリ(2018年 / 河出書房新社)
     人類の未来を描く世界400万部突破のベストセラー
    ・『ホモ・デウス』は未来のIT産業と人類の意識を描く(中国が良いモデルとなっている)
    ・現代の人類は反省期に入っているが、未来の人類の意識はどうなるか?
    ・『ホモ・デウス』が描く未来のおかしさと中国のIT社会
    ・IT産業は共産主義の役に立つツール
    ・マルセル・デュシャン(1887年 - 1968年)
     作品「泉」は1917年の作品 便器を横に置きサインしただけのオブジェ
     最もインパクトのある現代芸術の第1位(2004年度)
    ・マルセル・デュシャンに見る芸術と情報の価値
    ・価値とは超現実的&超人間的なものにしか存在しない by ハラリ
    ・田中英道が考える人間と芸術の価値
    ・人間のひとりひとりの違いが芸術を浮き立たせる
    ・ユダヤ人の文化と価値
    ・デウス =「神」(ラテン語)
    ・日本人が抱く「神」の姿
    ・『新撰姓氏録』(815年 / 平安時代)
     嵯峨天皇の命により編纂された古代氏族名鑑
     「皇別」「神別」「諸蕃」に分類し その祖先を明らかにした
    ・ネストリウス派
     古代キリスト教の教派の1つ ササン朝ペルシャからモンゴル・中国(唐)・日本等へ伝わる 唐では景教と呼ばれた
    ・古墳は綺麗に清掃し元のあった状態に再建する
    ・仁徳天皇陵古墳VRツアー(堺市博物館)
     バーチャルリアリティー(VR)技術で百舌鳥古墳群を
     上空から眺めることができる疑似体験ツアー 古墳の内部にも潜入
    ・古墳を身近に感じること、死者への信仰
    ・日本人としての記憶の継続
    Q. 何故仁徳天皇と応神天皇の古墳は巨大なのか?(41:25)
    ・応神天皇(父)と仁徳天皇(子)の古墳が巨大な理由
    ・応神天皇(第15代)& 仁徳天皇(第16代)
     古墳時代(3〜4世紀)の天皇 
     応神天皇はユダヤ系渡来人である秦氏の大量移民を受け入れた(約18000人といわれる)
    ・弓月国(ユミヅキコク)
     中央アジアのウイグル〜カザフスタンの辺りに存在したとされるシルクロード上にあった国 
     離散したユダヤ人が建国したという説あり
    ・八幡宮・八幡神社の祭神は応神天皇
     全国の八幡神社には応神天皇(誉田別尊)が祀られている
     総本社の宇佐神宮(大分県)は6世紀後半に建てられた
    ・中央アジア経由の渡来人(主にユダヤ系)が日本にもたらしたもの
    ・群馬が群馬である由来
    ・多胡 羊太夫(たご ひつじだゆう)
     現在の群馬県(上毛野国)で郡司として活躍(7世紀後半)
     渡来の焼き物や養蚕、羊、馬など 新しい技術を導入した
     ※第12回でも登場しました!
    ・貨幣社会が長らく馴染まなかった日本
    ・日本古来の資本主義社会の方が健全&真実性あり
    #世界遺産 #仁徳天皇陵 #古墳は綺麗に
    =====================

    田中英道「日本から見たサピエンス全史」#16
    収録日:2018年7月3日
    55分
    製作・著作:林原チャンネル
    ★林原チャンネル 公式HP★
     www.hayashibara-ch.jp
    お問い合わせ・ご感想など:
    info@hayashibara-ch.jp
    チャンネルのお気に入り登録もお忘れなく!
    RU-clip 林原チャンネル:
    ru-clip.com/user/hayashibara-ch
    公式Twitter:
    yaramaika360
    =============================
    【浜田マキ子ブログ】
    林原チャンネル社長・浜田マキ子の毎日をレポートしています。
    (iPhoneでSiriを使って文字入力しているアラウンド・セブンティー!)
    収録情報も早いですので、ぜひチェックをお願いいたします^^。
    plaza.rakuten.co.jp/makikojournal/
    =============================
    【林原LSIのサプリメント】
    好評発売中!林原健がつくる極めて良質のサプリメントです!
    林原LSIは日本人の健康と長寿と美を徹底サポート!
    ぜひお試し頂けますと幸いです。
    よろしくお願いいたします^^!
    ・公式サイト: www.hayashibara-lsi.jp/
    ・公式オンラインショップ:shop.hayashibara-lsi.jp/ (定期購入割引、セット販売割引などお得なサービス実施中)
    ・Amazon:goo.gl/Qr5rfv
    ・Yahoo!ショッピング:store.shopping.yahoo.co.jp/hayashibara-lsi/
    ★林原LSI カスタマーセンター(ご相談・ご注文)
    0120-818-600(ハイハロー!)

Comments • 41

  • maki Hentona
    maki Hentona 9 days ago

    沖縄でも御墓参りの時は必ず中まで掃除します。
    生きてるお墓なんですから、しっかり手入れしたいですよね。
    しかし、いつから手をつけられていないのか…

  • 金塚正明
    金塚正明 25 days ago

    さきたま(埼玉)古墳群について考察をお願いします。

  • benio simemiya
    benio simemiya 28 days ago +2

    世界遺産とかもう止めようや💦国宝で良いですよ‼️💦
    国連もユネスコも信用無し‼️
    調べるのであれば、よく調べて厳選された人でないと、歴史捏ち上げる可能性が…(´・ω・`; )

  • みいちゃんねる

    天皇陵として認識するのはおかしいどこの誰が埋葬されているかはっきりとしていない、誰が子孫か分からない状態なのにいきなり天皇の名まえをあてがうのは不敬と言える。皇室の参拝をして頂くためにはきちんと埋葬者を特定せよ。それにあの土盛りを墓のために作ったものではないでしょう。あの地域の灌漑の廃土を利用したと思う。民の竈を心配された天皇がわざわざ。大変な労力を自らの墓のために費やすだろうか、大灌漑がおこなわれたおかげで一気に耕作地が広がり、民の竈が潤ったと考えた方が納得ができる。仁徳天皇の物語は強ちウソでは無いように考える。

  • usa
    usa Month ago

    田中英道は良いことも言うけど、トンデモ説を信じていることもあるので問題。日ユ同祖論みたいなデタラメを信じている時点で、トンデモ学者に認定。

  • Taro Yamada
    Taro Yamada 2 months ago

    ユネスコのごとき、政治利用されるいいかげんな国際機関の認定をありがたがり、目先の金儲けや観光資源としてしか興味のない輩に反吐が出ます。古墳の取り扱い、維持、調査に関しては、現状のおかしな歴史観にしばれれた官界、学界に汚されるぐらいなら、現状のまま最低限の維持のみにて放置していただくしかないと思います。とても悲しいことではありますが。古墳が一定の時代を過ぎた後、祭祀に使われることもなく、放置された理由こそ、まさに日本の古代史の解明と深いかかわりがあると考えます。あえて申し上げますと、天武朝以前に、数度の王朝交代があり、近年より固定している「万世一系の天皇」という概念こそが邪魔をしているものと捉えております。日本書紀によって国の正史として整えられる過程に於いて、7世紀後半~8世紀の日本の歴史を、神武~16代に投影させたり、(神功の三韓征伐=天智朝の唐との戦い)、複数の各地に存在した王朝(河内(仁徳)、播磨、北部九州、越前(継体))の統合が行われ、ムリムリな万世一系神話を作っているからであろうと考えております。戦後の全否定の立場とは違い、たとえば、宋書にある倭の五王とか、存在が海外では確認されていながらも、日本の正史と合わせた解釈があまりなされないまま放置されてるようにも思います。天武以降の今皇統からは離れた存在の百舌鳥古墳群は祭祀の場としては維持されなかった理由はそこにあると考えます。また、(持統天皇=天照)的解釈上、現代で定義されてるところの伊勢神宮が創建されましたが、後の天皇でここを参拝した天皇は明治帝までいません。それは概念上の伊勢の地位が定着してきたものではない証拠で、古墳の扱いと同じ理由であると考えられます。しかし、現状、万世一系神話に疑義を唱えることは、売国側、天皇破壊を狙う売国反日勢力に隙を与えるためそれができません。

  • Kazuo Moriya
    Kazuo Moriya 2 months ago +3

    復原という墓荒らしが行われる可能性が大。世界に知らせる必要はない。

  • simone fantozzi
    simone fantozzi 2 months ago +2

    戦後、 当たり前の様に神功皇后を否定して来ましたが、 「それまで新羅に足止めされていた秦氏などの大陸系氏族が、 応神天皇の御代に渡来できる様になった」と言う事が事実であれば、 応神天皇の母である神功皇后と竹内宿禰が三韓征伐をし、 竹内宿禰の子の葛城襲津彦が半島支配に大きく関与していたと言う紀記の記述も信憑性を帯びてき来ます。実際に大陸系渡来人を纏め、大事業を行っていったのは竹内宿禰であり、その後も彼の子孫(葛城氏や平群氏、蘇我氏など)でないと、大臣と言う最高位に就けなかった事を見ますと、竹内一族と渡来人がタッグを組んで、当時の日本の中枢に居た様に思えます。
    信仰面を見ても、それまでは氏神様と言う様に、その土地の氏族が元々拝んでいた土着の神を排除する事なく、天孫系や出雲系などの神々と緩やかな連合として徐々に纏まって行った感があり、一つひとつの神社にはかなり個性があるのに対し、秦氏の造った稲荷や八幡は、チェーン店の様に同じものを各地に造り、教会を造りながら信者を増やし、勢力を拡大していった一神教の性質が伺えます。
    竹内一族と渡来人の支配構造を完全に変えたのは、645年の乙巳の変から大化の改新、その後の壬申の乱と天武天皇の治世で、それまでの有力豪族の支配を一掃し、天皇中心の律令国家を形成します。天武天皇は法律の整備だけでなく、紀記の編纂、伊勢神宮の整備と遷宮というシステムを作るなど、高天原の原点に基づいて、日本と言う国家の基礎を固めた方であり、第2の天孫降臨だった様にも受け止められます。田中先生のおっしゃった「ミズラの廃止」も象徴的です。
    この大きな変化により台頭した藤原氏は、天孫降臨の際に伴として遣わされた天児屋命の子孫であり、高天原では祝詞を奏上すると言う重要な地位にいた事を考えますと、藤原氏の登場は必然的であった様にも思えます。
    皇室と一体化して、長い間権力の座に居た藤原氏ですが、幕末から明治にかけ、列強諸国と共に、ユダヤ資本と共産主義がどんどん日本に流入し、戦争へと向かいます。近衛文麿の自爆と日本の敗戦により、名実共にディープステイトに乗っ取られてしまったのが、現在の日本の状態でしょうか。
    しかし... 突然の御譲位により改元。令和と共に登場した大伴氏は、天児屋命らと一緒に皇孫に付き添って来た天忍日命の子孫である天孫族で、近衛隊として常に天皇をお守りして来た軍事家系です。
    この危機状態にある日本を変える起爆剤、宮家増設、憲法改正の預言であれば良いなと思います。
    第3の天孫降臨なるか!!!

    • usa
      usa Month ago

      日ユ同祖論トンデモ。秦氏は朝鮮半島にいた中国系の氏族でしょう。

    • simone fantozzi
      simone fantozzi 2 months ago +1

      @林原チャンネル 様。
      そうです。 大伴旅人です。万葉集からの引用と言う事で、歌人として注目されましたけれど、本来、大伴氏は前記した様に近衛隊で軍事家系、 側近として天皇をお守りするのが使命でした。「海ゆかば」は旅人の子の大伴家持の歌ですよね。皇統断絶の危機に、継体天皇の擁立に貢献した大伴金村もいます。
      元々朝鮮半島の南半分には縄文人が住んでおり、そこも含めて「倭国」だったと思います。北からの大陸人と混ざり合いながら、新羅や百済といった国が出来、中枢には倭人やそれに近い人達がいて、日本との関わりはずっと続いていましたが、三韓征伐でより親密になりました。半島利権は古代にもあったのです。
      高句麗に北半分を奪われた百済に、日本直轄領である任那の4県割譲を申請され、大伴金村は五経博士の来日を条件に承諾します。ところが、力を縮小された任那は新羅に併合されてしまいます。その責任を責められた金村は失脚しますが、新羅はその後、百済も滅亡させ、遂に白村江の戦いになってしまいます。この敗戦により、日本は半島から完全撤退、半島と決別した道を歩み始めるのです。中大兄皇子と鎌足の時代です。
      馬渕大使が令和の発表を受け、大変興奮されていた様に思いましたが、私も安倍総理の説明を聞いた時、雷に撃たれた様な衝撃でした。皇統の危機を救い、軍事家系であった大伴氏は、正に今の日本が必要としているものではありませんか。
      そして、自分は失脚してしまうのですが、結果的に半島との決別の元を作った金村から、「いい加減、韓国とズブズブの関係を止めなさい。」とのメッセージにも思えたのです。
      更には、「太宰府」と「梅」から、太宰府天満宮が注目されました。菅原道真です。道真公は遣唐使を廃止した人です。遣唐使は文化を学ぶと言う名目の裏に、多くの人命が海に沈んでも、帰って来た船が持ち帰った物を売って、大儲けしている人達がいたのです。唐は内乱の時期で、そんな危険を犯しても儲けたい人達に反対したのです。今でもそういう人達がいませんか?
      「中国とは距離を置きなさい。」そういうメッセージと受け止めました。
      実際、韓国とはどんどん疎遠になってきていますし、中国も乱れて来て、それでも密着する企業は大火傷になると思います。
      私が勝手に感じた事ですが、本当に「預言」になれば良いなと思っています。

    • simone fantozzi
      simone fantozzi 2 months ago +1

      @賀川靖文 さん。
      眠い目をこすりながら、夕べ書いたのに...。
      もう1度書き直します。

    • 賀川靖文
      賀川靖文 2 months ago

      @simone fantozzi さん
      見えてないです…
      私も読みたいですよ。

    • simone fantozzi
      simone fantozzi 2 months ago

      @賀川靖文 さん。
      林原チャンネルさんに長い返信を送ったんだけど、すぐ消えてしまいました。
      貴方には見えてます?

  • 池どんぐり
    池どんぐり 2 months ago +3

    私は多胡碑近くに住む者ですが、羊太夫は新羅からの渡来人で秦人までは多胡碑記念館訪問で知る事が出来ましたが、ずっと羊の意味が判らずいました。当時日本には存在しない羊を何で使ったのかな?と。今回の先生の動画を視聴させて頂きまして、羊の意味が判り謎が解けてスッキリしました。秦人は新羅を経由して渡来した弓月国の方。近辺には八幡と付く地名も多く、昔は養蚕も盛んな地域でした。ありがとうございました。

    • 池どんぐり
      池どんぐり 2 months ago

      @simone fantozzi こんばんは😊日本時間、午後6時20分です。コメントを今発見しました。遅くなってしまいごめんなさい🙏東は日本の事ですよね。新羅の古墳や日本の古墳の副葬品が東ローマと繋がりのある物とか。素敵ですね✨

    • simone fantozzi
      simone fantozzi 2 months ago +1

      @池どんぐり さん。
      おはようございます。
      東儀とは「東の宮殿で儀式を行う」と言う意味だそうですね。雅楽の楽器は中央アジアのとそっくりですものね。昔 NHK の「シルクロード」 を見ながら、行ってみたいなあと思ってました。(その後、その頃はその辺りで核実験中だったと知って、凄くショック...)
      でも本当に、当時の音楽や舞が今でも続いているのは凄い事です。隋や唐、ローマ帝国の楽人が、今だに宮殿で同じ演奏をして暮らしているってあり得ないですよ。私達は宮中演奏は見れませんけど、神社でご祈祷して貰えれば、見れますものね。王朝交代が無かったって、どれほど凄い事かって事ですね。
      イタリアでは「マルコポーロ計画」と称して、シルクロードの東西の発着点として、中国の一帯一路に経済協力をする事になりました。東の果ては中国ではなくて、日本ですよ!と言いたいです。
      本やネットでは分からない、地元の肌感覚をありがとうございました。

    • 池どんぐり
      池どんぐり 2 months ago +1

      @simone fantozzi こんにちは😊コメントありがとうございます🙏秦氏は弓月国の子孫で、皇室の雅楽師の東儀家は有名ですね。朝鮮半島経由して秦氏は渡来したとか。新羅の古墳から出土した副葬品は東ローマ?ペルシャ?の物とか。近年、奈良の橿原市の古墳から出土した副葬品もペルシャの高級グラスだったとか。私の地元では火を使う行事も多いですよ。これはゾロアスター教でしょうか?色々想像を膨らませて日々楽しんでいます😌

    • simone fantozzi
      simone fantozzi 2 months ago

      @池どんぐり さん。
      チベットとも同じとは、また夢が広がりますね。
      言葉が似ているとかは、どうでもこじつけられると思うのですが、実際に「物」が出てくると、やっぱりそうなのかなと思ってしまいます。
      伏見稲荷大社の稲荷山の方には、原始的な小さな社が幾つもあるんですが、賽銭箱の前に畳付きの台があって、そこに座ってというか、膝をついてお参りするのが作法なのだそうです。靴は台からはみ出して拝んでいる姿を見ましたら、キリスト教徒の礼拝かと思いましたよ。
      秦氏が弓月君の子孫だと日本書紀にもありますし、ユダヤ人かどうかは分かりませんが、色々な物的証拠から、少なくともキリスト教徒であったのは信じられるかな...と思っています。
      奈良時代の長屋王宅の発掘の際、ヨーグルトの様な乳製品を食べていたといった発表があったと記憶していますが、当時これだけ多くの遊牧民が来ていたのなら、乳製品も作られる訳ですね。羊の乳だったかも知れませんね。

    • 池どんぐり
      池どんぐり 2 months ago

      @林原チャンネル おはようございます😊コメントありがとうございます🙏RU-clip情報ありがとうございました。服に付けられた鈴。あの時代に鈴は日本には無かったと思います。千葉の古墳からも鈴が出土していますね✨進んだ国からの渡来人なのでしょうね。弓月国の方なのかな?

  • Hideki Shimizu
    Hideki Shimizu 2 months ago +1

    確かに魏志倭人伝には倭国には馬や牛がいなかったという記述がありますね。日本には古来家畜制度がなかったという認識があります。田中英道先生の講義で腑に落ちました。いつも感謝しております。

  • みやさち
    みやさち 2 months ago +5

    ユネスコなど日本人の倫理観道徳観の及ばない人達が関与する前に、日本人だけで調査し議論し考察する時間が欲しかった
    竹田先生の意見を聞いている視聴者としては、日本人の考察が出そろってから世界遺産としてデビューさせても良かったのではと考えます
    当時の姿とは違い朽ち果てたように映るかも知れないけど、愛すべき特別な土地として守られて来たのも事実ではないかと、木に覆われた古墳を見て思います

  • The153rdCat
    The153rdCat 2 months ago +3

    ホモデウスを書いた人はコンピューターや情報処理の世界については詳しいかもしれないが、人間の精神的、スピリチュアル的、歴史や芸術に関しては未熟でしょうね。顔見てもわかるように、とても若そうですから。もっと年をとって色々経験し、興味あることが豊富になったら彼の考えも変わるでしょうね。ただ彼の今の思想をもてはやし、自分たちのビジネスの宣伝に使おうとする人たちがいますから彼の本がベストセラーになっているんですよ、きっと。

  • kousei yamada
    kousei yamada 2 months ago +1

    秦氏とは秦の人達でしょう。兵馬俑を見れば、その技術力はかなりのものだったのでしょう。馬は、縄文時代から日本には四つの産地がありました。現在の産地と重なると思いますよ。埴輪自体の様に、動物などを型どる習慣が中と言えましょう。人を型どる習慣は、アマガツと言う幼児(身代わり、厄除け)が有名ですが(材質は布だった様な。縫いぐるみのもと?)、こちらは雛人形へと形を変えていったのだと思います。元々、日本の土器は焼成温度が低いものだったので、微妙な造りは無理だったのだと思います。

    • kousei yamada
      kousei yamada 2 months ago

      そもそも皇祖は遥々遠方から来たのであって、馬を使わずに歩いて来たとは考えづらいですよ。

  • 如月離雲
    如月離雲 2 months ago +4

    利息は「お礼の気持ち」というのは面白い。
    (本当の)日本人にとって経済は「贈与」なんですね。

  • 如月離雲
    如月離雲 2 months ago

    この秋に、東京と奈良で大規模な正倉院展が開催されます。
    東京国立博物館 2019年10月14日(月・祝)~11月24日(日)
    www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1968
    奈良国立博物館 令和元年10月26日(土)~11月14日(木)
    www.narahaku.go.jp/exhibition/special.html
    「令和元年の本年にこそふさわしい、日本文化を世界に発信する展覧会です。
    また、正倉院宝物と法隆寺献納宝物、古代の中東と日本のつながりがわかる文化財が一堂に会する稀有な機会です。」

  • 偶繰結佐
    偶繰結佐 2 months ago +2

    IE産業?ググってしまった。
    造語したのか。AIとかICTとか普通に使う言葉を使ってもらいたい。
    応神天皇をおうにんてんのう、しかも陵まで付けて喋っている。
    滅茶苦茶。

  • Keisuke Yanagimachi
    Keisuke Yanagimachi 2 months ago +6

    古墳を代々のお墓に置き換える例えは腹に落ちました!私もお盆にお墓参りして草をざっとですが取りましたが、秋分の日にはもっと徹底的にやりたいです。草でうらぶれたお墓は寂しいものです。お墓参りに誰もきていないからでしょうか。古墳も同じだと気が付かされました。

  • 桜井春
    桜井春 2 months ago +4

    皇室は古墳を陵墓と認識していたのでしょうか。そうであればなぜ定期的に墓参して掃除してこなかったのでしょうか。全部は無理だとしても主要な古墳はそうすべきだったでしょう。その事実を無視して古墳は天皇の墓だから遺産にすべきではないとする竹田恒泰さんの主張はちょっと取って付けたようなものに思えてしまいます。また、古墳が天皇の墓だとしても世界遺産に登録されたのは特定の古墳ではなく古墳群であり1つの地域なので、それほど問題はないかなと個人的には思います。

    • bluepearl
      bluepearl 2 months ago +2

      天皇の墓だと言うなら50年とか100年ごとでもいいから何らかの祭祀を行うべきだし、せめて現状維持の努力をすべきだった。あれじゃ完全に名前も分からない打ち捨てられた墳墓であり過去の遺物でしかない。2000年近く放ったらかしにしておいて今さら大切な墓と言われてもねえ。

  • はるさくら
    はるさくら 2 months ago +5

    書き込みで見たのですが、聖徳太子が来ていた衣服は元はペルシャ系民族ソグド人の衣服で、それがシナと日本で官服になったということ。またお盆はゾロアスター教の影響という・・なんとなくシナが起源だと勘違いしているものが多いと思います。教科書のせいだと思いますが。
    お米の話ですが、「明治150年 真の日本の姿 第二話」でねずさんもお話されていましたが、お米が給料ということは、貯めることができませんから、今政府がやろうとしていることと似たことをすでに江戸時代にやっていたのですね。(ただ武士は生活が厳しくなっていきましたが) 昔エンデの遺言で読んだ、老化する通貨を実践していたんだと思いました。昔の人のほうが精神性が高い!

  • 樂得勝宏
    樂得勝宏 2 months ago

    古墳の復元は、古墳の破壊でしかない。
    自然に朽ちた姿は、そのままで美しい。
    幾つかの古墳が実際に復元されているが、その徹底的に復元された古墳の無残な姿を見れば、
    いかに機械的で破壊的かを知ることが出来る。
    破壊でもある復元された古墳には、悠久の歴史を感じる要素を欠いている。
    全く新しく作り直された姿にしか見えない復元古墳は、残念であるだけでなく、悲惨でもある。
    実際、それは、完全に作り直されているのであって、歴史的価値も大きく毀損している。
    そうなってしまえば、世界の文化遺産としての価値も、なくなっているだろう。

  • ポンパhiro
    ポンパhiro 2 months ago +17

    まるで、あまり出会えない名画の主題に気が付いて 感動し大満足した時のような……
    田中先生の一見静かな動画講義に出会ってから  なぜこんなに自分が夢中なのか、理由がわかりました。
    存在自体が芸術かのような それでいて嘘のないストイックな先生の 一番伝えたいこと 願いに想いを馳せることは 
    有意義に思えますし、楽しくてなりません💐

  • myっちんぐ
    myっちんぐ 2 months ago +1

    八幡神社
    ↓ 
    やはた神社

    や あた神社

    八 咫 神社

    八咫鏡の神社?

  • 景虎
    景虎 2 months ago +36

    現存している天皇のお墓を「遺産」扱いするのはおかしいと竹田恒泰氏が言っていました私も同感です
    朽ちた古墳の修復はいいと思いますが天皇の破壊を企てる輩の回りくどい工作があるかもしれない事は気にしておかなくてはなりません

    • K栃木
      K栃木 2 months ago +1

      景虎 論文書いて名を残したいだけに思える