日本から見たサピエンス全史 #9◉田中英道◉令和という日本時間、人間の回復の歴史

Share
Embed
  • Published on May 13, 2019
  • 令和という新たな日本時間が始まった。時間的な空間を新しくする元号は、季節、暦など、自然と共に生きる日本民族に大変合っていることと思われます。
    万葉集の時代の人々と現代の人々と、共に分かち合える時間と自然の感覚に感謝しつつ、唯物史観の一神教世界では限界を見せる昨今、新しい時代を生きる人間の知恵は、自然と共にあることではないでしょうか。
    ★「日本から見たサピエンス全史」再生リスト:bit.ly/2RondKP
    ★ 田中先生へのご質問・ご感想 info@hayashibara-ch.jp
    <目次的な!>
    ・令和という新たな時間
    ・時間的な空間を新しくするということは、日本人の自然を大切にする気持ちに合っている
    ・西暦を使うことを近代と思っている人がいるがそれは単なるキリスト暦
    ・最後の審判へ向かうキリスト教的時間感覚 
    ・季節と暦 日本の時間感覚
    ・この世(自然)は四大元素で出来ている
    ・四大元素=空気(風)水 火 土
    ・万葉集と日本の季節・自然観
    ・「初春の令月(れいげつ)にして、氣淑(きよ)く風和(やわら)ぎ、梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を薫(くゆら)す。」
     〜「万葉集」巻五・梅花(うめのはな)の歌 三十二首序文 より〜
    ・『日本史の中の万葉集』
     これまでの田中先生の歴史書から 万葉集の解説部をコンパクトな1冊にまとめたミニ電子書籍
     (2019年4月6日 扶桑社BOOKS)
    ・万葉集の時代の人々の感覚を感じ取る
    ・文字・言語の役割は2つある
    ・万葉集の中の令和という言葉
    ・日本人が持つ言語感覚は何故世界と違うのか?
    ・西洋における四季の感覚
    ・春   夏 秋 冬
     空気  火 水 土
     古代ギリシャ・ローマ時代の思想には四大元素がベースにあった
     ※季節の解釈は諸説あります
    ・『土星とメランコリー ー 自然哲学、宗教、芸術の歴史における研究』
     クリバンスキー、ザクスル、パノフスキー / 田中英道 監訳 ほか
     (晶文社 / 1991年)
    ・ルネサンス文化の核心にあるもの
    ・ルネサンス / Renaissance(仏語)
     ギリシャ・ローマ文化の再生・復活を意味する 
     14-15世紀のイタリア(フィレンツェ等)から欧州各地へ広がった文化運動のこと
    ・イコノロジー
     ドイツの美術史家パノフスキーにより体系化された「図像解釈学」
     20世紀の美術史学にとって重要な方法論
    ・デューラー 作「メランコリアⅠ」
    ・古代ギリシャ文化の自然感・季節感
    ・理論ではなく感性で四季を見る日本人
    ・古代ギリシャで発展した自然科学の理論
    ・理論を重要視しなかった古代日本文明
    ・四季という自然サイクルの中で生きるということ
    ・新しい人間の回復は自然を見直すこと
    ・万葉集は世界を見ても重要な文学作品
    #令和 #時間と空間を変える元号 #新しい人間の回復
    =====================
    田中英道「日本から見たサピエンス全史」#9
    収録日:2018年4月6日
    42分
    製作・著作:林原チャンネル
    ★林原チャンネル 公式HP★
     www.hayashibara-ch.jp
    お問い合わせ・ご感想など:
    info@hayashibara-ch.jp
    チャンネルのお気に入り登録もお忘れなく!
    RU-clip 林原チャンネル:
    ru-clip.com/user/hayashibara-ch
    公式Twitter:
    yaramaika360
    =============================
    【浜田マキ子ブログ】
    林原チャンネル社長・浜田マキ子の毎日をレポートしています。
    (iPhoneでSiriを使って文字入力しているアラウンド・セブンティー!)
    収録情報も早いですので、ぜひチェックをお願いいたします^^。
    plaza.rakuten.co.jp/makikojournal/
    =============================
    【林原LSIのサプリメント】
    好評発売中!林原健がつくる極めて良質のサプリメントです!
    林原LSIは日本人の健康と長寿と美を徹底サポート!
    ぜひお試し頂けますと幸いです。
    よろしくお願いいたします^^!
    ・公式サイト: www.hayashibara-lsi.jp/
    ・公式オンラインショップ:shop.hayashibara-lsi.jp/ (定期購入割引、セット販売割引などお得なサービス実施中)
    ・Amazon:goo.gl/Qr5rfv
    ・Yahoo!ショッピング:store.shopping.yahoo.co.jp/hayashibara-lsi/
    ★林原LSI カスタマーセンター(ご相談・ご注文)
    0120-818-600(ハイハロー!)

Comments • 18

  • waytobethere
    waytobethere 2 months ago

    インカ帝国は西欧人が言う文字を持たなかったが、縄の結び目で情報を表現した。これが彼らの文字だった。スペイン人はそういった縄の倉庫(これはインカ人にとって文書庫のようなものだったろうが)を見ても何のことか解らず全部燃やしてしまった。縄文土器の縄目はこのインカ帝国の縄の文字と見做せないか?その仮説で縄文土器の縄目模様を解析したら面白いかもしれない。

  • ペケペケ親父
    ペケペケ親父 6 months ago

    燻す=くゆらす

  • asu naro
    asu naro 6 months ago +7

    いつも非常に興味深いお話ばかりで、おー、とか、なるほどねー、と、つい声が出てしまいます。
    言葉は事の葉っぱに過ぎないと、自身も実感する事が多いです。
    論より証拠とでも言いましょうか、、
    逆に言葉だけならどうとでも誤魔化せてしまう面もありますし。
    気配で伝える、行間を読む、には想像力と成熟した感性が必要で、その感性を時代を超えて共有できる日本人て何て素敵なんだろうと、素直に思いました。
    ありがとうございます。
    次回もとても楽しみです!

  • はるさくら
    はるさくら 6 months ago +4

    都会では周りはモルタル、コンクリートのビルや家があたりまえで、地面はアスファルト、最近は庭もない家が多く建ち、畑がどんどん潰されています。
    一番可哀想なのは子供たちで、田舎なら自然に聞こえてきた虫や鳥の声、新緑の季節の青々とした緑や草の匂いがありません。映画スタンドバイミーのような、少年たちだけでドキドキ、わくわくするような冒険も味わえません。
    大人にとっては、便利で都合がいいかもしれませんが、子どもの内面から自然に湧き上がってくる内部感覚、生命力を削いでるとしか思えません。
    近代化というのは、まったく人間の喪失でしたね。
    あと、西洋人というのは物と空間を分けて考えるのが一般的だそうですが、これが日本人に非常に悪影響を与えてると思います。明治以来、この近代というものに、大変苦しんだということですが、今も拒否反応がずっと続いていると思います。

  • beloved chocolat
    beloved chocolat 6 months ago

    浜田社長は発明家 政木和三博士とお知り合いとの旨別の動画で紹介されていました。少しお話頂けませんでしょうか?私はネトウヨでも左巻きでもなく、物事を善と悪に切り分けるタイプの者でもなく日々大自然の流れに添って生きていれば良い、と考えております。政木氏がスピリチュアル系に組み込まれるのはもったいないと 感じております。よろしくお願い致します。

  • akihidekeystone1
    akihidekeystone1 6 months ago +8

    田中先生のお話に感謝致します

  • 吉川うさぽん
    吉川うさぽん 6 months ago +11

    やっぱり寝る前に見る動画は田中先生の物に限る。幸せな気分で眠りにつけるから。

    • 林原チャンネル
      林原チャンネル  6 months ago +6

      夢の中で、縄文の日本人や、埴輪をつくってる人たちや、万葉集の歌会に参加したりして、おしゃべりできそうですね^^

  • Micky TheMiracle
    Micky TheMiracle 6 months ago

    twitter.com/mickyhistorian2/status/1127523168258707456

  • ゴリラ ゴリラ
    ゴリラ ゴリラ 6 months ago +15

    概要欄の目次は凄く便利で予習もできるので有難いです。

  • ebikazura1969
    ebikazura1969 6 months ago +5

    ヒエラルキーの世界が未だに在るというのはどうなのかなって思います。
    地球という大自然と太陽の光、そして月の満ち欠け、太陽系の星々等、日夜動いて下さっています。
    人類は生物では一番最後に生まれてるのに、行き過ぎた自我と欲で生態系を破壊し続け
    かき乱しているのが現状ではないかと。
    自己を見つめ直す日々です(^_^;)

  • 東郷平八郎
    東郷平八郎 6 months ago +18

    学校では日本史だけ点数低くて嫌いでした
    こんな歴史の授業だったら率先して予習復習してました
    GHQは見事に日本の歴史授業をつまらないものにしましたね

  • 風の子
    風の子 6 months ago +11

    田中先生には騙されたと思って「ホツマツタヱ」を読んでほしい。「記紀以前には文字が無かった」という説には反対です。むしろ文字が無いほうが不自然なのではないか。紀元前3500年の青森三内丸山遺跡の威容は文字無しでは建設不能だと思う。「ホツマツタヱ」には宇宙、人体の神秘も語られている。古事記日本書紀より詳しい歴史が語られており、しかもそれは全国の神社で確認されている。「江戸時代に慌てて書かれた」などという事を言う前に絶対読んでほしい。

    • waytobethere
      waytobethere 2 months ago

      神代文字はご自分の説に採用するにはまだ安定していないと思います。もっと多くの実証的議論を積み重ねないと。

  • 夢ゆめ
    夢ゆめ 6 months ago +17

    元号を変えるのは、『常若(とこわか)の精神』ですね。
    伝統を守るために、時期を区切り新しくすることによって、伝統を引き継いでいく。
    この日本の伝統を守る方法を、『常若(とこわか)の精神』と呼んでいます。

    • 夢ゆめ
      夢ゆめ 6 months ago +4

      はい、日本オリジナルな考え方・精神です。
      こちらこそ勉強になりました。
      ありがとうございました。

    • 林原チャンネル
      林原チャンネル  6 months ago +5

      常若、式年遷宮のようにすべて新たに造り替えられることですね!
      遺跡として残すより、永遠に造り変えていくという日本式の精神は、日本オリジナルと思います!
      (修正ありがとうございました)

  • うさぎのうなじ
    うさぎのうなじ 6 months ago +18

    待ってましたー 田中せんせー
    先ほどNHKの7時ニュースで北海道礼文島の女性の縄文人の人骨から完全な形でDNAを解析したとやってた。それによって体質やらがわかった、、 田中先生も注目されると思う。そう思ってワクワクした。

    特徴は酒に強く、肌は浅黒く、シミができやすい。耳垢は湿っている。髪は細く軽くカールしている等