大嘗祭のこころ生放送 登壇者:小野善一郎・西岡和彦・茂木貞純 ほか

Share
Embed
  • Published on Sep 14, 2019
  • 「大嘗祭のこころ」特別講演会の現場より、生放送(生中継)いたします。
    登壇者:小野善一郎・西岡和彦・茂木貞純 ほか
    ・・・今年、我が国は御代替りを迎え、元号を令和と改めました。
    天皇陛下が御即位後初めて行われる新嘗祭のことを「大嘗祭」と申し上げ、数ある祭祀の中で最も尊い神事です。
    悠久の歴史のなかで受け継がれてきた「大嘗祭」が、今を生きる私たちに伝える「こころ」とはどのようなものでしょうか。
    そして、天皇陛下が行われる御一代一度の大嘗祭を、私たち一人ひとりはどのように迎えればよいのでしょうか・・・ 
    大嘗祭と日本の伝統的なこころに関する、日本のトップがここに結集。
    天皇陛下と日本国民は常に一体(君民一体)であり、世界で唯一であるということを、わかりやすくお伝えできればと思っております。
    大切なのは私たちの「こころ」なのです。
    <内容>
    ・大祓詞奏上 神光輝紀さん
    ・『古事記』神代巻、天壌無窮の神勅奏上 山崎聡子さん
    ・発起人代表挨拶 林真司さん
    ・来賓挨拶 日本文化興隆財団 佐久間宏和様
    29:20
    ★「大嘗祭のこころ」小野善一郎先生(國學院大学講師・日本文化興隆財団講師)(50分)
    1:09:46
    ★「天皇と大祓」ー 今泉定助翁の大嘗祭論 西岡和彦先生(國學院大学神道文化学部学部長)(50分)
    2:01:32
    ★「即位大嘗祭の意義」 茂木貞純先生(國學院大学神道文化学部教授)(50分)
    ほか
    ・研究発表「目で見る大嘗祭」木村和彦さん(千葉代表)
    ・研究発表「東洋医学にみる古事記のこころ」長塚友子さん(北海道代表)
    ・研究発表「日本のこころで見た世界の国々」熊沢万里子さん(東京代表)
    ・『感恩の歌』朗読 松野栄子さん
    ・大祓詞奏上 梅林健二先生 玉村八幡宮禰宜(群馬)
    ・閉会の挨拶 吉村由紀子さん
    開催日時:
    2019年(令和元年)9月14日(土)
    13時 〜 16時30分
    会場:國學院大学院友会館
    主催:古事記に学ぶ日本のこころ実行委員会
    後援:公益財団法人 日本文化興隆財団
    配信:株式会社林原チャンネル
    古事記のこころ HP:www.kojikinokokoro.net/
    <古事記のこころを学ぶ会とは>
    小野善一郎先生と共に古事記を通して日本人の根本にある「こころ」を学び、日本を元気にしようと2014年より各地で勉強会が始まりました。
    現在、その数は日本全国に50を超え、さらに増えつつあります。
    「いのちと一つになる」という古事記の教えと、異心(ことごころ)を祓うための『大祓詞』を基本に学びを深めています。
    どなたでも参加できます。(お近くの勉強会は「古事記のこころ」HPでご確認いただけます)
    www.kojikinokokoro.net/
    ※本講演会を主催する「古事記に学ぶ日本のこころ実行委員会」は、古事記のこころを学ぶ会の関東地区有志で運営されています。
    <小野善一郎 番組一覧>
    ru-clip.com/p/PL7MaEu9i584dugXGjuu5TOeAp_njgtcY5
    ※昨年の講演会は、馬渕睦夫氏、荒谷卓氏、上野精一・敦子氏 がご登壇されました。
    ご質問&ご感想メール:info@hayashibara-ch.jp

Comments • 4

  • だらふぃ
    だらふぃ Month ago +1

    おけー!

  • simone fantozzi
    simone fantozzi 2 months ago +5

    いよいよ大嘗祭ですね。
    宇宙の凄いエネルギーを感じ、日本人である事が本当に嬉しく思います。
    皆さんの熱い想いが伝わって来ます。動画ありがとうございました。

  • 森さらしな
    森さらしな 2 months ago +7

    ご講演を公開してくださいまして、実行委員会と配信をされた運営のみなさまに感謝申し上げます。
    異心を払いきれない私にはなかなか理解できませんので、ヘビロテ視聴させていただきます。

  • 尊皇攘夷
    尊皇攘夷 2 months ago +7

    豊年の にひなめまつりの 夜はふけて しづけき庭に 楽の音きこゆ 昭和天皇御製
    今年も佳き動画を有難うございます。祓いたまえ清めたまえ