経済ひとりがたり田村秀男 #5「香港が鍵!中国マネーの行方」収束しない香港デモで中国資本は絶賛逃避中!

Share
Embed
  • Published on Nov 21, 2019
  • 終わらない香港デモ。マネーの視点から見ると、追い込まれているのは習近平中国共産党なのかもしれない・・・まずは香港編、前編です!
    経済ひとりがたり番組一覧:ru-clip.com/p/PL7MaEu9i584cQals7QOEt9A2kY34l50kx
    ご質問&お問合せ(メール):info@hayashibara-ch-jp
    #香港 #中国マネー #中国資産逃避
    ================
    ★新商品!林原健渾身の若返りサプリメント『KMN』(ケーエムエヌ)
    期間限定!お得な特別モニター販売実施中!
    是非ご参加ください!
    ・公式サイト: www.hayashibara-lsi.jp/
    ・公式オンラインショップ:shop.hayashibara-lsi.jp/
    ===========================
    <田村秀男 プロフィール>
    産経新聞特別記者・編集委員兼論説委員 1946年 高知県生まれ
    早稲田大学第一政治経済学部卒 日本経済新聞編集委員を経て現職
    早稲田大学政経学部・同大学院の非常勤講師を歴任
    早稲田大学オープンカレッジ講師
    ご意見・ご質問、お待ちしております。
    林原チャンネル 田村秀男経済ひとりがたり係:info@hayashibara-ch.jp
    ===========================
    田村秀男「経済ひとりがたり」#5 (30分)
    収録日:2019年10月25日
    製作・著作:林原チャンネル
    ★林原チャンネル 公式HP★
     www.hayashibara-ch.jp
    お問い合わせ・ご感想など:
    info@hayashibara-ch.jp
    チャンネルのお気に入り登録もお忘れなく!
    RU-clip 林原チャンネル:
    ru-clip.com/user/hayashibara-ch
    公式Twitter:(フォローしてくださいー!)
    yaramaika360
    =============================
    【浜田マキ子ブログ】
    林原チャンネル社長・浜田マキ子の毎日をレポートしています。
    (iPhoneでSiriを使って文字入力しているアラセブンティー!)
    収録情報も早いですので、ぜひチェックをお願いいたします^^。
    plaza.rakuten.co.jp/makikojournal/
    =============================
    【林原LSIのサプリメント】
    好評発売中!林原健がつくる極めて良質のサプリメント!
    林原LSIは日本人の健康と長寿と美をサポートします!
    ぜひご注文のほどよろしくお願いいたします^^!
    ・公式サイト: www.hayashibara-lsi.jp/
    ・公式オンラインショップ:shop.hayashibara-lsi.jp/ (定期購入割引、セット販売割引などお得なサービス実施中)
    ・Amazon:goo.gl/Qr5rfv
    ・Yahoo!:store.shopping.yahoo.co.jp/hayashibara-lsi/
    ★特設ページ:「健康の根源は体の内側から!」
    shop.hayashibara-lsi.jp/product-buy-form/lp01
    ★林原LSI カスタマーセンター(ご相談・ご注文)
    0120-81-8600(ハイハロー!)

Comments • 42

  • さくらすみれ
    さくらすみれ 6 days ago +1

    私は怒ってます!あなたは怒らないですか?
    www.chinaorganharvest.org/ja/
    メディカル・ジェノサイド
    現在の中国では、どの国よりも多く、臓器移植が行われています。
    しかし臓器源に限りがある中で、どこから臓器が取られているのでしょうか?
    国際的な調査者による10年にわたる調査の結果
    巨大な臓器移植産業の需要を満たすため、
    中国政権が良心の囚人を系統的に殺害していることが明らかになりました。
    世界中の患者が中国で渡航移植している現在、臓
    器のための殺害はグローバルな犯罪と化しています。

  • 火本正義
    火本正義 9 days ago +2

    習近平は招待させないようにしよう。政府、自民党に次告ぐ、日本国民の多くは反対している。
    僅かな金で、国を売るような真似はするな。経団連は売国奴ということを認識しろ。

  • 風の子
    風の子 14 days ago +1

    お勧め動画 2 :ru-clip.com/video/3JbAn3H9Rc8/video.html

    • 久保行義
      久保行義 12 days ago

      コメント残したから読んどいてね。
      風の子三郎様に書いたコメントです。

  • 風の子
    風の子 14 days ago +1

    お勧め動画     ru-clip.com/video/EGbOBQXDSq0/video.html

  • 稗田明尊
    稗田明尊 16 days ago +1

    少なくとも今の中国共産党政治の嘘っぱちと共産党による私利私欲による絶対王制政治に呆れるばかりだが、香港が中国、台湾の治外法権である事はそれらには大問題。
    イギリスが中国、台湾で工作活動の逃げ場としてきた悪の仕来たり。
    犯罪者の溜まり場にしては香港の未来はない。

  • ホイホイ
    ホイホイ 16 days ago +1

    中國経済、やけくそですかね。

  • TaIShi TsuGe
    TaIShi TsuGe 16 days ago

    田村秀男 さん

    いつも最新の情報をわかり易く、発信していただき感謝します。

    僭越ながら、中国共産党に対して違った視点の情報動画を張らしていただきます。
    ru-clip.com/video/s9xZm-tH64g/video.html

  • 77 7
    77 7 16 days ago

    最近の香港報道は昔サダム・フセインを悪人化する為に捏造情報を流した湾岸戦争時に似ていますね:
     香港における反中国派の行動が過激化しているようだ。早い段階から交通機関を止め、建造物を破壊してきたが、ここにきて目立つのは放火。​反中国派に抗議する57歳の男性、リャン・チーチャン(梁志祥?)に可燃性の液体をかけた上で火をつける​ということもあった。その男性は体の28%を火傷、入院中だ。男性に火をつけたのは20名余りの反中国派で、すぐに現場から逃走した。反中国派の指導者たちは放火犯を「火の魔術師」と呼んでいる。
     破壊活動を行っている人びとを警察は逮捕しているが、香港の特殊性から、すぐに保釈されて街頭へ戻っている。反中国派は安心して破壊活動を続けられるということだが、それによって香港の経済、香港人の生活は大きなダメージを受けた。 そうした事態に市民の間で怒りが高まっているとも伝えられている。交通担当の警官が活動家を銃撃する場面​も流れているが、それだけ市民の間で取り締まりの強化を求める声が高まっているということでもある。
     反中国派の活動が過激化している一因は支持が広がらないことだろう。そこで過激な行動に出て当局を挑発していると見られているのだが、これまで当局は抑制的に対処してきた。そこで挑発行動をエスカレート、市民の反発が強まるという流れで現在に至っている。
     反中国派の背後にアメリカやイギリスの情報機関、つまりCIAやMI6が存在している可能性はきわめて高く、今年8月6日にはアメリカのジュリー・イーディー領事がJWマリオット・ホテルで反中国派の黄之鋒(ジョシュア・ウォン)や羅冠聰(ネイサン・ロー)を含むグループと会っているところが撮影されている。前にも書いたように、イーディーはCIAの非公然オフィサーだと噂されている。
     黄之鋒、羅冠聰、そして周永康(アレックス・チョウ)は反中国派の看板的な存在だが、そうした若者とCIAやMI6の間には元王室顧問弁護士の李柱銘(マーチン・リー)、メディア王と呼ばれている新自由主義者の黎智英(ジミー・リー)、香港大学の戴耀廷(ベニー・タイ)副教授、あるいは陳日君(ジョセフ・ゼン)、余若薇(オードリー・ユー)、陳方安生(アンソン・チャン)などがいる。
     こうした人びとは目立つが、反中国運動を支えているのは法輪功というカルトだとも指摘されてきた。このカルトが出現したのは1992年。その教義は仏教と道教を合体したものだとされているが、創始者の劉振営はキリスト教の福音主義者で、「エルサレムへ戻ろう」という運動を行っている。
     ムスリム同胞団やフェトフッラー・ギュレンのグループと同じように、法輪功も学校を建設、信奉者を作り、活動する拠点にしている。
     法輪功はイギリスのフィリップ王子を含むグループとつながりがあると言われ、ユーゴスラビアへの先制攻撃をビル・クリントン政権の国務長官として推進したマデリン・オルブライトからも支援されている。

  • 77 7
    77 7 17 days ago

    アメリカ議会は香港の反中国派を支援する目的で「香港人権・民主主義法」という反中国人法を通した。 反中国派の活動は香港で広がらず、過激化。建造物を破壊、交通機関を止め、石や火炎瓶を投げるだけでなく活動を批判する市民に可燃性の液体をかけて燃やして大やけどを負わせ、洋弓で矢を射るということも行うようになったのだが、その一方で孤立していった。ここにきて活動は封じ込められたようだ。次の一手としてアメリカは反中国人法を成立させようとしている。ロシアに対して行った手口と同じだ。
     
    香港の反中国派はアメリカのネオコンと連携している。黄之鋒(ジョシュア・ウォン)、羅冠聰(ネイサン・ロー)、周永康(アレックス・チョウ)などが前面に出てくるが、そうした若者の後ろには元王室顧問弁護士の李柱銘(マーチン・リー)、メディア王と呼ばれている新自由主義者の黎智英(ジミー・リー)、香港大学の戴耀廷(ベニー・タイ)副教授、あるいは陳日君(ジョセフ・ゼン)、余若薇(オードリー・ユー)、陳方安生(アンソン・チャン)などがいる。アメリカやイギリスの情報機関、つまりCIAやMI6がその背後で暗躍していることも秘密ではない。
     反中国運動を支えているのは法輪功というカルトだとも指摘されている。このカルトが出現したのは1992年。その教義は仏教と道教を合体したものだとされているが、創始者の劉振営はキリスト教の福音主義者で、「エルサレムへ戻ろう」という運動を行っている。
     この団体は反コミュニズムでも有名で、アメリカの支配層はその点を評価。アメリカの政府機関であるUSAGM(米国グローバル・メディア庁)から法輪功へ資金が流れているのもそのためだろう。
     東アジアで中国やロシアへの締め付けを強めるためには、この両国との関係を強めてきた韓国を押さえ込む必要がある。11月22日に韓国大統領府はGSOMIA(日韓の軍事情報包括保護協定)を終了するという決定を停止すると発表したが、これはアメリカの圧力があったからだろう。
     アメリカでは1980年代から企業が解体され、製造業は崩壊状態にある。公教育を破綻させたことで人の育成がままならない状態だ。アメリカの支配システムを支えているのは基軸通貨を発行する特権、軍事力、そして幻影を作り出す能力などだろうが、それも揺らいでいる。

    アメリカの手先を動かしているのはCIAだが、この関係からヨーロッパのネオ・ナチ、イスラム世界におけるサラフィ主義者(ワッハーブ派、タクフィール主義者)やムスリム同胞団などともつながっている。
     1980年代からアメリカはこうしたネットワークに「民主」、「自由」、「人道」といったタグをつけるようになった。そのタグをつけ、宣伝する役割を負っているのが有力メディアであり、宣伝の演出者が宣伝会社だ。それによって西側では民主主義を破壊する行為に反対する人は激減している。
     表面だけを見ていると、本当に民主主義を実現しようと戦っている人びとなのか、あるいは民主主義を破壊しようとしている人びとなのかは区別がつかない。
     その実態を調べる必要があるのだが、とりあえず見当をつける方法はある。西側の有力メディアが攻撃、あるいは無視している人びとは本物であり、そうしたメディアに支援されている人びとは偽物である可能性が極めて高い。

  • 杉山惠
    杉山惠 17 days ago +2

    つまんない話でもっとまとめてから話したら(笑)

  • akiyoshi egawa
    akiyoshi egawa 17 days ago +1

    香港ドルが今のままあるか、中共は中共元を過信して世界流通貨幣と勘違いして香港ドルを追い出すか。中共元を操っているグローバル資本がイギリスポンドを低落させたいからでしょう。中共は香港ドルと関連性がなくなれば、元は利鞘引き分が中共の直接利益になると信じ切っているから全くの知能低下だ。グローバル資本に巧妙に踊らされ、中共は崩壊、自由中国が台頭し、グローバル資本の巨大な市場が誕生するだろう。

  • Kim Novac
    Kim Novac 17 days ago +1

    Testing this app

  • 音楽専科
    音楽専科 17 days ago +4

    1969年冬、日比谷の「道産子ラーメン」で食べた「味噌トンロー」の味が忘れられない。
    今よりもずっと冬が寒くて、湯気で濛々の店内で、汗かきかき食べたっけ。

  • Wataru Utsumi
    Wataru Utsumi 17 days ago +1

    トンロー湾は日本で言うと渋谷ですね!新宿はモンコツクですよ!

  • かなあた
    かなあた 18 days ago +4

    香港困れば中国共産党困るのに、習近平はそこをわかってない。香港潰れたら中国共産党も危うくなる。米国は香港カード手にしたわけだし

  • ppp ppp
    ppp ppp 18 days ago +2

    みまさんに聞きたいのですが中国の発表している6%成長は本当だと思いますか?

    • 立山りんどう
      立山りんどう 15 days ago +1

      聞くまでもありません。
      中国人、韓国人は本当のことを言ったことがありません。
      彼等は嘘しかつきません!
      息をするように嘘をつくとは彼等のことを言うのです。

    • 加藤大輔
      加藤大輔 17 days ago +2

      私は新車販売台数で大体判断しております。

  • zettonz1
    zettonz1 18 days ago +7

    日本人のための金融を取り戻すために、具体的にどの法律を改正すればいいのか、そういう話がほしい。「金融ビッグバン」の何が間違いだったのか、具体的に検証すべきである。
    衆院では会社法のさらなる改正案が審議されているが、「会社は誰のものか」という質疑に、森法務大臣は「会社は株主のもの」と答弁したという。大臣がこの程度の認識では、またぞろグローバル金融資本をさらに肥やすものに改悪されてしまう危険性が極めて高い。
    財務省から「財政主権」を取り戻すために、財政法4条を改正すべきと、佐藤健志氏がその歴史から具体的に明らかにして提示されたが、これを活かす動きもなく、MMTという財務省もたじろぐ武器もうまく活用できないで、それでいて国際金融資本を問題視ししても、”経済成長なき保守主義が空虚”となるように、空中戦をただ眺めて地団駄踏むだけである。
    どの法律のどの部分を改正すれば、日本国民の所得がグローバル株主に流れていかないようにできるのか、法的エビデンスが必要。

  • フルーツぶどう
    フルーツぶどう 18 days ago +8

    シナ本土のローカルヤクザルール(田舎)を、先進国精神の香港人(都会っ子)に押し付ける自体がシナ狂産党の限界が正体が見えた意義は絶大です!

  • 赤蟹太郎
    赤蟹太郎 19 days ago +16

    「北海道独立」と「沖縄独立」が同時進行している!
    独立してどこの国の支配下になる気か?
    今、香港はシナ共産党の弾圧で
    自由な香港の”独立性”が目に見える形で失われようとしている。
    シナの支配下に入るということはこういうことである。
    一方、沖縄はシナの工作が相当入り込んでいて「琉球独立」を掲げている。
    また、シナによる土地買収や開発が進んでシナ化されつつある北海道も
    「北海道独立」が言われている。
    先の北海道知事選挙で元小沢一郎の秘書で逮捕された石川ともひろも
    「北海道独立宣言」を掲げ、
    沖縄独立を掲げる玉城デニー沖縄県知事も応援に入っている。
    もうお気づきだと思うが、これらはすべて「シナ共産党」でつながっている。
    日本は相当にシナに侵食されている現状を理解した上で、
    香港の危機・台湾の危機を
    我が国・日本の危機と考えていかなければいけない。

    • フルーツぶどう
      フルーツぶどう 18 days ago +2

      憲法論議など如何でも良いのです安倍総理は国家非常事態宣言で北海道や沖縄在日マスゴミ等を警察と自衛隊で殲滅させないといけない処迄来て居る。

  • 如月離雲
    如月離雲 19 days ago +8

    補足させていただけば、750万人だから東京より小さい「都市」とは言えないと思う。
    四龍と言われる極東の経済拠点:韓国、台湾、シンガポール、香港
    香港以外は国家、独立国として立派な国軍を持っているシンガポールは人口500万。
    香港市民が精神的には本来シンガポールと並ぶ独立国であってもよい。その気概を
    持っている事は想像に難くない。中蚊人民共和は香港市民にとっての「外国」なのだ。
    むしろシンガポールの方が香港にとって兄弟姉妹のような存在であろう。
    欧米人にとってもそれが常識であるという事は、「世界の民主主義指標ランキング」
    でも世界各国に混ざって香港が中国の遥か上に位置していることからも分かる。
    メディアだけ見て学生運動と誤解している人が多いが、中国人の横暴は「香港人」とって
    占領軍の横暴なのだと考えれば100万200万のデモは全く納得がいくし、
    デモも「学生運動」などではなく「独立戦争」に近いものなのだと思う。
    現実には独立までは考えていないだろうが、2011年までの状態に戻ればいいのだろう。
    香港「市民」ではなく、「香港人」香港国民として抵抗しているのだと思う。

  • yu ame
    yu ame 19 days ago +34

    産経新聞で読んでいて一番わかりやすい解説者だと思っています。今回も香港デモの経緯がよくわかりました。後半も楽しみです。田村先生、林原チャンネル様ありがとうございました。

  • 魔法使いサリー
    魔法使いサリー 19 days ago +6

    ワーテルローの戦いも第一次第二次世界大戦も彼らが起こしたわ‼️彼らがトランプ欧米に逆らっているわ‼️絶大なる支援を受けて米国へ挑戦しているわね‼️次は金融戦争勃発ね‼️田村おじ様🍷🎩✨

  • Kai六五郎
    Kai六五郎 19 days ago +55

    習近平の来日反対!習近平の天皇拝謁反対!
    自由を求める香港の若者たちにに銃を向け、武力弾圧をしている習近平は、日本に来るな!(習近平、来日反対運動を広げよう!)

    • 花子
      花子 9 days ago

      安倍は狂ったのかしら?
      天皇陛下の政治利用ではないですか? 習などに陛下はお会いになるべきじゃない

    • Gen Yama
      Gen Yama 12 days ago

      お金を稼がせてくれる中共とwin-winですよww
      でもね、中国の駐在員さんの元建て貯金すら一括持ち出しすら出来ない罠ww
      お暇を頂いてはLCC乗ってATM現金引き出し!!

    • 馬場康行
      馬場康行 16 days ago

      ほんとに、安倍さんどうしちゃったんでしょうね。

    • 拓跋脱拉
      拓跋脱拉 17 days ago +1

      武力弾圧?日本で同じようなことが起きたら、政府はどう対応する?60年代の日本、忘れた?

  • ixenakis
    ixenakis 19 days ago +2

    いわんかなタイトルの付け方は長過ぎる29の何何?どれが新しいのか分からない?放送日時録画したtime stampをタイトルに!

  • Koukenz Takahashi
    Koukenz Takahashi 19 days ago +9

    即位の礼において趙小蘭(チャオ長官)と王岐山との密談が香港大紀元新唐人聯合新聞頻道で隠し撮りされました。
    チャオ長官の父親は江沢民と同級生です。たぶん大學前と思われます。

  • ixenakis
    ixenakis 19 days ago +29

    田村秀男さん頑張って産経の記事見てますよ!国益を考えて経済から外交まで分析している素晴らしい。

  • 谷美智江
    谷美智江 19 days ago

    理不尽な中国共産党の習近平を、国賓として陛下に会わせると言う、安倍政権は、日本国民をも、ウイグルや少数民族、法輪功の人たちと同じ臓器狩りへと、追いやっても良いと考えているのでしょうか⁉️
    18日夜半の香港理工大学のデモで逮捕された学生達が、列車で、本土に送られている動画が、出ています。
    臓器狩りに送られるのかと、恐ろしくなります。
    江沢民が始めた臓器狩りは、習近平が事業化して、大殺戮を繰り返す、という獣です。
    昨年と今年、米副大統領ペンスさんは、かなり厳しく批判しています。
    そんなときに、習近平を国賓にとは、一体誰が考えているのか、政府は、狂ってるとしか思えません❗
    それとも、日本はそこまで、中国共産党マネーとトラップに毒されているのか⁉️
    64天安門事件後、陛下を訪中させ、中国共産党の面子を、世界に向けて、保たせると言う罠を、日本は食わせられました。この罠を政府は忘れたのでしょうか⁉️
    首相官邸のパブリックコメントにも、投稿していますが、どうぞ、知識人である田村秀男先生、何とかお働きかけを宜しくお願い致します。
    日本は軟弱な精神によって、自らを貶め、売国がまかり通る国になっています。

  • 辻捨丸
    辻捨丸 19 days ago +26

    🔴香港について知ってますか? (1)
    何故?香港理工大学の激しい攻防が重要か実は香港のインターネットの自由が守られているのはこの大学に拠点があるからなのです!
    まさに、香港の自由の拠点がここであり、ここが制圧されてしまうと香港が中国本土と同じ封鎖された地域に成ってしまうのです!
    つまり、あと30年を待たずに一国二制度など完全に無くなり香港が東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)と同じに成ってしまうことに成ってしまいます。そんな危機的状況なのです。
    目を覚ませ!日本政府!日本国民!!
    下記は大学のフードコートの壁に書かれた落書きです。
    ごめんなさい!私が落書きを書き写したのですが、私の英語力ではスペルが間違っているようです!そして、正しい意味も正確には理解していません!
    しかし我々に対しての心からの叫び!メッセージだという事は分かります!。
    出来ましたら正しい綴りと意味を教えてください!
    『 Dear World
    CCP will infrltrate your government
    Ounse enterprises $ inferes your poritical stuncs
    ChiNa will harvest your home like Xinjiang
    BE AWARE or BE NEXT ! 』
    私は随分、分かったのでお知らせします!是非目を通してください!
    ◯『【衝撃】日本のメディアは中国の真実を報道できない?中国に対してある取り決めが締結されていた!その取り決めとは…!【ぞくぞく】』
    ru-clip.com/video/OpFoWf0UUfM/video.html
    香港は99年の租借期限が来てイギリスは中国に返還した。
    1997年7月1日の事です。
    しかしその時の条件として、50年間は高度の自治を保障する一国二制度を採用して現状を変えない!そして、現在はまだその22年を過ぎたばかりにも拘わらず既に以前のような自由がなく成っており、これ以上の制度の変更は許されない!そこで起きているのがこのデモの真相なのです。
    という事が私が知っている全てだったのです。
    私ばかりでは無く、多くの方はそんな理解をしているのであろうと考えています。
    ところが、いろいろ調べて分かりました!
    99年間の租借地は九竜半島の新界とその周辺の島嶼のみで、1898年に分割割譲された香港島は英領であり租借地には含まれていなかったのです。
    つまり、英国は国際法上返還しなくて良い分も一緒に返還しているのです。
    更に、共産党人民政府は50年間は高度の自治を保障する一国二制度を続け、返還前の香港の制度を変えることなく続ける約束だったのですが、まだ22年が過ぎただけで、約束の半ばであるにもかかわらず、根本的に制度の変更をする条例である“逃亡犯引き渡し条例”を公布しようとしたことに対して、香港人は我慢の限界が越えて抗議運動が起き大規模なデモに成りました!
    これは、国際間で結ばれる“犯人引き渡し条約”の一国二制度間では有るが国内の一地区に適用する法律のために“条例”と言っています。
    私たち普通の常識で判断しては、何故そんな大規模なデモに成るの?と思いがちですが、相手が中国共産党人民政府です。私たちの常識は全く通用しません!
    返還後これまでも既に香港の方たちは、いわれも無い弾圧を受けているからなのです。
    思い起こしてください、以前、南京で大虐殺が行われました!
    特亜の者たちは、これを日本軍が遣ったと言っているのですが真っ赤な嘘!実際に有ったのは終戦により日本が撤退した後、国共内戦が終結して1948年に毛沢東共産党軍が南京に乗り込んできたときが本物の大虐殺と言える虐殺行為が行われました!
    その後の文化大革命(1966~1976年)でもあったように共産党政権にとって自分たち以外の資産家は許せない存在なのです。
    そして、南京は当時首都でした城内に住んでいた人の多くが共産主義者にとって敵である資産家なのです!
    これと全く同じことが返還後の香港で密かに実行されているのです!
    従って香港の多くの資産家は既に香港を逃げ出してしまいました。
    ところが戦争が終わったばかりの南京とは違い、一国二制度という法規制も有り大々的では無いが密やかに、残っている資産家たちが拉致され更に殺害されているのです!
    中国共産党とは設立以来このように大殺戮を繰り返し、国民を恐怖を持って統治してきた歴史なのです!
    ◯『九評共産党 【第一評】共産党とは一体何ものか』
    ru-clip.com/video/dEQq5IiZzoI/video.html
    このような事例はたくさんあります。
    香港市民には民主的に請願する手段はありません!
    選挙は有っても共産党が認めたものしか立候補が出来ません!
    このように形ばかりの選挙なのです!
    従ってデモしか請願の方法が有りません!そのデモによる請願により一旦引っ込めました。ところが廃案に成っていないために再燃を防ぐために廃案に成り完全に断念するように請願のデモを行っています。
    ところがデモに参加したものを顔認証を使い個人を特定して個別に逮捕しているのです。
    従って、その対応のためにマスクをしてデモに参加をしています。
    しかし、それを禁止しました。しかし、これは香港の憲法違反なのです。
    更に、デモ鎮圧に使われている催涙弾は単に催涙作用だけでは無く、これはあの青色の放水も同じなのですが皮膚につくと皮膚が炎症を起こす薬剤が混入されており、その治療のために病院に行くと待ち構えていた警察に逮捕されるという仕組みに成っており病院で治療することすら出来ないという状況なのです。
    台湾がその方たちを全力で支援しています。
    更に、香港の若者が大量に自殺していると報道されています。
    確かに、当初は未来の香港に希望が持てず、自殺した人もいるようですが、それにヒントを得た香港政府は捕らえた若者を正式な手続きを経ずリンチ(私刑)により殺害してしまっているのです。
    日本でデモと言うと思い起こしのは60年・70年の安保闘争が有りますが、私は同じ年代で当時大田区に住んでいたのでよく知っているがデモで死亡したのは1名だけで、特攻隊のように遺書を書いて決死の覚悟で参加した者は一人もいません。
    ところが、香港の将来に希望が持てない事に対してデモに参加している若者は遺書を書いて決死の覚悟で参加しているのです。ご存じだったでしょうか?
    公共放送であるはずのNHKはそんな事は取材をしていないのか全く報道しません!そして中国人民政府の発表をそのまま報道しデモによる死者は2名と報道しているのです。
    当然これは絶対に嘘でお得意の捏造報道なのです。
    デモ隊の中で暴力行為をしているのはデモ隊に潜り込んだ中国の人民解放軍なのです!
    ◯『【香港警察?】デモ隊に変装して暴れた後に警察車両に乗り込む』
    ru-clip.com/video/TR53H5aMlPo/video.html
    何故か、自殺と言われる者の多くは、男性の場合はビルからの飛び降り自殺です。
    しかし、飛び降り自殺であれば必ず地面に血が流れているはずですがそれが無い!つまり、殺されてしばらくして心臓が停止して血液が凝固してから落とされたのです。
    (2)へ続く・・・
    辻 捨丸(本名です)

    • 辻捨丸
      辻捨丸 17 days ago +3

      🔴@Keijiro Araki さん返信ありがとうございます。
      全く仰る通りなのです。英国が香港島までも返還した理由は水を大陸から引いているからだと聞いたことがあります!
      日本政府は日本の進んだ技術による海水の淡水化(飲料水化)設備で技術協力をして、現状のままならば習近平は確実に香港人の民族浄化を東トルキスタンで遣っているように臓器貿易のための強制的ドナーにされて殺害されてしまいます。そんな国が拒否権を持っている連合国(国際連合)は現在何の役にも立っていません!新しい枠組みの国際機関を創設してこのようなはっきりした人としての道を逸脱した国を制裁できる仕組みを作る必要があるのではないでしょうか。私も全く同じで“切歯扼腕”その通りです。
      せめてもの罪滅ぼしとしてこうして駄文をさらしています。
      返信に感謝します。
      辻 捨丸(本名です)

    • 辻捨丸
      辻捨丸 17 days ago +3

      🔴@Koukenz Takahashi さん返信ありがとうございます。
      今年は10倍ですか・・・、私には自分が住んでいる国の行く先が真っ暗闇と言う状況を想像すらできません!単に生きていても絶望しかない!と考えると私も竹槍を持ってでも戦います!
      それにしても日本政府の対応には納得が出来ず怒りすら感じています。
      返信に感謝します。
      辻 捨丸(本名です)

    • Keijiro Araki
      Keijiro Araki 17 days ago +2

      辻捨丸さん、仰る通りと思います。鉄の女サッチャー首相が何故に「英国領の香港島」も一緒に中共に渡してしまったのか?誠に不可解ですが、英国の外交歴史の中で、際立った失政と思います。それはさき、中共の(見え透いた)狡猾、かつ残虐無比の手口は大陸における数千年の民族攻防の歴史と同じです。戦争のたびに各国が何とか協力し合って、人権保護を企図した「国際法」や、ひいては「国際連盟」、「国際連合」の試みをも完全に無視した「共産党皇帝の中華思想」で世界支配を画策しているのは明確です。 “目を覚ませ!日本政府!日本国民!!“ その通りです。腑抜けの日本政府!、腑抜けの日本国民! 切歯扼腕ですが…、無力な一国民でも何かをしなければなりませんね。

    • Koukenz Takahashi
      Koukenz Takahashi 19 days ago +7

      理工大學の大激戦からデモからレジスタンスになりました。
      香港の年間自殺者は250人前後だそうですが、今年は不信死が2500人を越えているのです。