日本から見たサピエンス全史#1◉田中英道◉西洋人が描く世界史は戦争と破壊の歴史なので日本人が描く世界史を始めます

Share
Embed
  • Published on Jan 13, 2019
  • 「サピエンス全史」という若いユダヤ人学者が書いた歴史の本が、世界中でベストセラーになっていることはご存知でしょうか。その本を読んで覚える違和感を元に、田中英道教授が真っ向からにこやかに反論いたします。
    西洋人が描く世界史は、いつだって戦争と経済の破壊の歴史でした。日本人はそれとは正反対に、縄文の時代より戦いを避け、世界でも独自の伝統と文化を育み、守り通してきました。
    世界が日本に注目する理由とは?日本を中心とした世界史を、文化史を、文明史を、この番組から発信して参ります。
    ★「日本から見たサピエンス全史」再生リスト:bit.ly/2RondKP
    ★ 田中先生へのご質問・ご感想 info@hayashibara-ch.jp
    =========================
    <目次的な!>
    ・田中英道の自己紹介を兼ねた世界と日本の美術史への誘い
    ・アンドレ・マルロー(1901年 - 1976年)
     作家・活動家・政治家 代表作に『人間の条件』『王道』『希望』など。
     スペイン内戦や第2次大戦のレジスタンス活動でも知名度を上げ、シャルル・ド・ゴール政権では文化相を務めた
    ・マルロー氏、戦後は美術評論で活躍する。ビジュアルの記憶力がすごい。
    ・空想美術館(Le Musée Imaginaire / 1947年発表)
    マルローの芸術論『東西美術論』の第1巻で提示した概念のこと。
    美術館において実現不可能な芸術作品の配列を、複製物(印刷物)を通して可能にし、それによって生まれる知的作業のこと
    ・田中先生もその方法に影響され、世界と日本の美術史の研究、美術評論を行なった
    ・フランス留学(ラトゥールを研究)、イタリア留学(レオナルド・ダ・ビンチ、ミケランジェロを研究)
    ・田中先生の師・吉川先生・・・吉川逸治 東京大学文学部教授(西洋美術専攻)
    ・システィーナ礼拝堂(バチカン宮殿内)の修復に参加する(20代の頃)
    ・同じレベルの作品が日本にもあるじゃないかと気がつく
    ・例えば、国中連公麻呂(東大寺大仏 など)/ 法隆寺(聖徳太子)/ 運慶(東大寺金剛力士像 など)
    ・西洋美術史専門の人が日本の美術のことを書くと、研究者はみんな無視する
    ・『日本美術全史 世界から見た名作の系譜』
    田中英道(2012年 / 講談社学術文庫 ※初出1995年)
    縄文から現代にいたる美術作品を縦横に論じた新日本美術史
    世界美術の中での日本美術の正当な位置を示す 513点収録
    ・伝統と文化を重視する論調は、戦後の日本社会では無視されがちではあったが、これからはそうはいかない時代となります
    <西洋人が描く世界史は戦争と経済の破壊の歴史>
    ・戦争に勝つか負けるかが歴史のメルクマールとなってしまうことに異議を申し上げる
    ・日本人は戦争をしない民族、縄文時代は何万年も戦争をしなかった
    ・日本には戦いを避ける、国譲りの歴史がある
    ・日本以外は戦争と疫病の歴史、ともいえる
    ・世界の歴史とは違う、日本の歴史は素晴らしいものである、という視点 
    <サピエンス全史を読む>
    ・『サピエンス全史 - 文明の構造と人類の幸福』
     ユヴァル・ノア・ハラリ(2016年 / 河出書房新社)
     全世界で800万部を突破するベストセラー。40歳のイスラエル人歴史学者が記す世界文明史
    ・日本のことはほとんど出ていない「サピエンス全史」は世界史と言えるのか?日本に対する視野が足りない
    ・しかし一方で、ユダヤ人の中には、日本をものすごく評価する人たちがいる(田中先生の実体験)
    ・田中先生の留学したストラスブール大学、パリ大学の先生ではほとんどユダヤ人(ヨーロッパの優秀な知識人のほとんどがユダヤ人という現実)
    ・フランス革命以降世界で跋扈するユダヤ人
    ・ロスチャイルド家を筆頭にお金を増やし(主に金利で儲ける)世界を動かす力をつけた
    ・お金がないと革命はできない、フランス革命もロシア革命もユダヤ人富豪が支援した
    ・ユダヤ人陰謀説をいう人は歴史の素人
    ・世界を動かしているのはお金と人材、優れているのが大体ユダヤ人だった(17世紀以降)
    ・ゆえに、西洋、近代をつくりだしたのはユダヤ人といえる
    ・ユダヤ人は国に所属しないので、日本の学会等ではなかなかその姿が見えてこなかった(国単位で歴史を見るので)
    ・「ユダヤ人特有の思考形態」とは?
    ・個人主義であり、国家観が無い
    ・個人の歴史と家族の歴史
    ・ユダヤ思想が “家族崩壊”を世界中にバラ撒いた
    ・人間にとっての家族とは何か?
    ・ユダヤ人が振り撒く個人意識
    ・日本という共同体、家庭→天皇という共同体
    ・ユダヤの個人主義と日本の共同体意識はある意味対照的
    ・日本も他の民族も基本的には、自然の中から始まる共同体意識がある=太陽信仰
    ・日本人は天照大神でも分かる通り、生粋に太陽信仰
    ・ユダヤ人のディアスポラ(離散)する生き方について
    ・モーゼはエジプトの奴隷であったし、荒野でさまよいながら彼らは生きるしかなかった
    ・ユダヤ民族には一神教が必要だった
    ・天地(あまつち)が最初にあった日本民族(古事記でも日本書紀でも書かれていること)との違い
    ・日本の場合 自然が神をつくる
     一神教の場合 神が自然をつくる
    ・西洋と日本の根源的な違いがここにある
    ・自然を信頼せざるを得ない日本民族
    ・人間の体には、他の生物を殺す能力が備わっていない
    ・自然の観点から、人間は殺すことを本能としない生物と言える(他の動物は殺す能力を持っている)
     ゆえに、人間は戦争をしてはいけない、それは自然に反することである
    ・西洋の世界史は戦争の歴史
     そういった歴史と違う歴史を日本人が書かなければいけない(日本人にしか書けない)
    ・「サピエンス全史」で重要なこと
    ・Sapient = 知恵のある、賢いという意味
     ※ Homo sapiens = “知恵のある賢い人”の意味
    ・”自然といかに調和するか”という知恵が人間本来の知恵ではないか
    ・聖書(旧約、新約)をつくったのはユダヤ人
    ・ユダヤ人の考えを元に作られた文明がヨーロッパ
    ・キリスト教に染まらなかった日本民族という存在
     日本は完全に違う文化
    ・日本人であることを理解した上での、世界史を書かなくてはいけない
    <パリで講演をしてきた田中英道先生> 26:06
    「ジャポニスム2018」
    フランス・パリで開催される日本文化・芸術の祭典
    日仏友好160年を記念し日本の伝統文化や現代アートなど、様々なジャンルの芸術作品が約100カ所で紹介される
    津川雅彦氏が会長でしたが、昨年お亡くなりになりました
    2018年5月から2019年3月の間に、パリを中心とした約100カ所で公演・展示あり
    ・田中英道 講演「ジャポニスム:北斎とセザンヌ」
     2018年11月22日(木)パリ日本文化会館 にて
    ・ジャポニスム(Japonismes)
     19世紀後半 パリ万博への日本からの出品をきっかけに、欧州中で流行した日本趣味のこと
     ゴッホやモネも北斎の浮世絵に多大なる影響を受けた
    ・ジャポニスムの影響力
    ・しかし、西洋人は日本の根本的なことをわかっていなかった
    ・例えば、葛飾北斎の富士山とセザンヌのヴィクトワール山の違い ※「冨嶽三十六景より武州玉川」
    ・西洋の近代美術は、日本の誤解から始まった
    ・ピカソ以降の現代美術は、美術に意味は無いとぶっ壊していった過程
    ・アール・ブリュット(ART BRUT)
    英語圏ではアウトサイダー・アートとも呼ばれる芸術形態
    精神病の患者、孤独に生きる者、社会不適応者、受刑者などの作品
    ・美しさが失われる現代のパリ(行っても自慢できなくなってきた)
    ・黄色いベスト運動(これまでのデモと違う)
    2018年11月17日から発生している政府への抗議活動
    高額な燃料税、自動車税、緊縮財政政策への不満が原因とされる
    ・戦後マルクス主義の文化破壊
     戦後は文化を破壊することが世界で蔓延した、典型的なのは中国の文化大革命
    ・伝統文化を意図的に否定する人々(inパリ)
    ・世界は日本に何かを求めている?
     日本に学ぼうとする・憧れを持つという現象が、西洋に生じている
    ・日本を中心とした世界史を、文化史を、文明史を、この番組から発信します
    <新刊のご案内&プレゼント告知>
    「邪馬台国は存在しなかった」(勉誠出版)
    #ジャポニスム #サピエンス全史 #世界史
    ======================
    <プロフィール>
    田中英道(たなか ひでみち)
    歴史家・美術史家 / 文学博士 東北大学名誉教授 日本国史学会代表
    国際美術史学会元副会長 ローマ大学・ボローニャ大学客員教授
    1942年東京生まれ / 東京大学文学部仏文科・美術史学科卒
    仏・伊美術史研究の第一人者として活躍する一方、日本美術の世界的価値に
    着目し研究を重ね、日本独自の文化・歴史の重要性を提唱する
    ★田中英道 公式サイト「美の探究者、歴史と思想を語る」
    hidemichitanaka.net/
    ★RU-clipチャンネル
    ru-clip.com/channel/UCbNMdazai1caHqyQfV6_63w
    ========================
    田中英道「日本から見たサピエンス全史」#1
    収録日:2018年12月11日
    44分
    製作・著作:林原チャンネル
    ★林原チャンネル 公式HP★
     www.hayashibara-ch.jp
    お問い合わせ・ご感想など:
    info@hayashibara-ch.jp
    チャンネルのお気に入り登録もお忘れなく!
    RU-clip 林原チャンネル:
    ru-clip.com/user/hayashibara-ch
    公式Twitter:
    yaramaika360
    =============================
    【浜田マキ子ブログ】
    林原チャンネル社長・浜田マキ子の毎日をレポートしています。
    (iPhoneでSiriを使って文字入力しているアラウンド・セブンティー!)
    収録情報も早いですので、ぜひチェックをお願いいたします^^。
    plaza.rakuten.co.jp/makikojournal/
    =============================
    【林原LSIのサプリメント】
    好評発売中!良質サプリメント!林原LSIは日本人の健康を応援します!ぜひご注目・ご注文のほどよろしくお願いいたします^^!
    ・公式サイト: www.hayashibara-lsi.jp/
    ・公式オンラインショップ:shop.hayashibara-lsi.jp/ (定期購入割引、セット販売割引などお得なサービス実施中)
    ・Amazon:goo.gl/Qr5rfv
    ・楽天:www.rakuten.co.jp/hayashibara-lsi/
    ★特設ページ:「健康の根源は体の内側から!」
    shop.hayashibara-lsi.jp/product-buy-form/lp01
    ★林原LSI カスタマーセンター(ご相談・ご注文)
    0120-818-600(ハイハロー!)

Comments • 72

  • nanashi
    nanashi 28 days ago +1

    西洋絵画の遠近法が日本の浮世絵などに及ぼした影響はどうなんだろうか。

  • 魔法使いサリー

    田中先生の歴史角度は驚嘆だわ‼️先生に刺激されて埴輪見学しているわ‼️彼らは株主中心世界構築を着々と実行している現代国際情勢ね‼️でも潤沢な生き方は文化を享受する事でしょ🎙️😆🎵

  • 長妻宏
    長妻宏 2 months ago +1

    私は、毎週土曜に上野の西洋美術館に一人でいっていました。電車賃は幼児はタダ。体が小さかったので幼児で通りました。設計は、ル コルビジェです。この前、行ったら、密閉されて面影がなくなりました。文化庁による改悪です。パリばかり嘆いていられません。
    この頃、一番嫌いな言葉。格差社会、国益、両方ともカネだけが基準です。小さい時に父親に言われました。高いとか安いとかいうな。卑しい。値段を値切るな、卑しい。うまい、美味しい、まずい、もいうな。子供にそんなことはわからない。また、ありがとうというな。そういう言葉は女中や使用人にいう言葉だ。料理も手をつけたら全部食べろ。残すようだったら、初めから手をつけるな。のこしてもよい。そういう育ちでした。忘れてはいけないとおもいます。日本文化への尊敬は戦後からで貼りません。戦前からでした。

  • 如月離雲
    如月離雲 3 months ago

    富士岳信仰が北斎のテーマだったことがヨーロッパ人に理解されいなかった
    というご指摘には目が醒める思いです、美術鑑賞の重要な肝ですね。
    同様のことは法華経信仰にもあって、琳派の祖、宗達を生み出しています。
    日本人自身が忘れてしまって誤解しているのですね。

  • maki Hentona
    maki Hentona 4 months ago

    近代アートに魅力を感じない理由はそういうことなのですね…。ただ感情を表現することは、やはりアートではない。中にははっとさせられるものもあるのですが…

  • きくきく
    きくきく 4 months ago +1

    なんだ?このじじい?

  • 村田建治
    村田建治 5 months ago +1

    日本の不思議、なぜだ。日本人も気付かない。迷いながら求めている。
    何に調和して行ことしている。見えない存在である。支えている存在。

  • TheBikkuri
    TheBikkuri 6 months ago +1

    >その本を読んで覚える違和感

    それ、本屋で直感しました。最近の欧州人の概念世界を母体とした作品ですよね。

  • ゆう太
    ゆう太 8 months ago +2

    あらためての感想です・・・
    『家から出て自活するのが当然』この事自体が家族崩壊のプロパガンダだったのかなと思います。
    当然、大人なら自立(仕事について)して生活するのは当たり前として・・・やはり家族は協力して一緒に暮らすのが良い結果をもたらすと思いました。

  • omicron6 omicron6
    omicron6 omicron6 8 months ago +2

    討論番組では他の声の大きいパネラーの影に隠れがちでしたが、この動画を見てその理由がわかりました。要するに田中先生の知見のレベルが高すぎて討論番組では収まり切れないということだったのですね。

  • あさ
    あさ 11 months ago +1

    家族が崩壊したのではなく地域のコミュニティの崩壊により家族が不安定になり子供が育ちにくくなった❗

  • monji anton
    monji anton 11 months ago +2

    セザンヌと北斎に共通するものは西洋にそれまでなかった、つまり空気遠近法的な暗い画面でなく、色彩を解放するような明るい平面で捉えた厳しい形だ。
    セザンヌは画面の奥から手前へと書き進めた感がある。コローのように遠景も暈さない。彼らの厳しい画面作りが富士山もサント・ヴィクロワール山も神の山にしている。

  • monji anton
    monji anton 11 months ago +4

    ユダヤ人は妙に日本にコンプレックスを感じている。彼らの彷徨う寄生虫的移民文化は日本のように縄文期から何万年の時間の中で、しかもあらゆる災害にも屈せず世界一の歴史を
    一国において形成してきた文化には、とうてい太刀打ちできぬ事を本能的に感じている。だから、敢えて深淵な日本文化を無視し、あろうことか移民受け入れを揶揄し日本文化
    破壊
    を企んでいる。(日本人は西欧の様に科学的客観性を以ってする自然の再現を芸術とせず、自然から生じる感性によって自然には存在しない線を駆使し平面&立像に芸術美を見出す)

  • G ROD vortex jp
    G ROD vortex jp 11 months ago +5

    現在のパリはピカソ以降芸術ではなくなっているというのを宗教的な要素が含まれていないということだけで全てを否定するのは少し違和感を感じます。ART BRUTをはじめここで言われている宗教的な要素のない『訳のわからない絵』というのは岡本太郎で言う所の縄文土器の様に、人間がまだ何の概念や価値観もない本来の状態、つまり芸術は爆発だ!の状態で書かれている可能性もあると思うのです。なのでむしろ宗教的な絵が示す延長戦にあるのではないかと私は考えます。障害を持った方に絵の才能や突出した能力があるのは成長過程の中でその概念や価値を吸収できず、より本来の状態のままで生きているということにも繋がるのではないかとも考えられます。しかし現在の世の中では絵にかかわらずほとんどの物が"芸術と言われているもの"のパロディであることは全く否定できませんしそれを評価する我々がその"本物"に触れる機会も限りなく少なくなっているのが現状ですね。

  • K M
    K M 11 months ago +2

    田中先生の話しで 埴輪の件 ビックリしました ナルホド と思った 田中先生 サラリとおっしゃるとこが 凄い 埴輪の揉み上げのことです

  • 和知佳
    和知佳 Year ago +2

    邪馬台国が存在しなかった、についてはご著書「高天原は関東にあった」の第七章で述べられてしますが、今回新書が出たんですね、さっそくアマゾンに注文します。

  • aya
    aya Year ago +2

    田中先生の講義ライブ動画がRU-clip貴方へのおススメリストに上がっていて気になっていましたが、奥が深過ぎそうで、観るのを躊躇していたんです。林原チャンネルでテーマがはっきりと提示されていたこともあり、音声も聞き取り易いのので、安心して先生の講義を聴くことができ、有難いです。チャンネルコメント欄での講義内容の目次も詳しいので、忘備録としても助かります。

  • 山谷伸二
    山谷伸二 Year ago +4

    世界が滅亡して信じるだけが救われる。そして千年王国が訪れると言う思想は大変危険です。
    その意味ではキリスト教もイスラム教もユダヤ教のパシリにしかすぎませんな。

  • gomiakuta
    gomiakuta Year ago +5

    日本において数少ない、本物の学者の1人だと実感しました

  • 有栖川フローレンス

    昔、知り合ったユダヤ人の青年は、家族がイスラエルに行く者と行かない者に別れて、家族が分裂してしまい、寂しい育ち方をしていました。積年の念願叶った建国にも、幾つかの家族崩壊と子供の見捨てられ体験を伴っていたのだと、皮肉に感じました。

  • とさかとさか
    とさかとさか Year ago +4

    確かに国家や共同体という存在はここ数千年の人類史において重要なのかも知れませんが、決して絶対的なものではなく、戦争などで滅びることもあれば、将来的には形骸化する可能性すらもあると思います。
    特定の国家や個人などの視点ばかりから歴史を見ていては、偏った考えになるだけです。
    その点、サピエンス全史は、様々な視点から客観的に歴史を考察していて、とても公平で信憑性が高いと僕は思います。
    サピエンス全史の著者は国家の存在を軽視していると田中さんは仰っていますが、様々な国や時代、科学や宗教などの立場から歴史を見ていった結果、国家という存在が決して絶対的ではないと感じるのはある意味必然だと思います。
    国家というものが絶対的であるという狭い視野で生きていると、近いうちに老害と呼ばれるようになってしまうかもしれません。
    食料などに大きな余裕ができ、娯楽なども昔に比べて格段に増えた現代、そしてこれからの世界において、固定観念に縛られた考え方は時代遅れになると思います。
    事実として、先進国では宗教の信仰度が下がっているそうです。
    客観性や論理性に欠けたオカルト的な思考は理解を得難いのが現状でしょう。だからこそ、国家や宗教、科学などを公平な目線で見ているサピエンス全史がこれだけ売れているのだと思います。

  • FRUIT ARUARU
    FRUIT ARUARU Year ago +7

    田中先生のお話を聞けるのは素晴らしい。いい内容のお話でした。ずっと続けていただければうれしいです!

  • おれんじぷりん

    レヴィ・ストロース先生のインタビューを見つけましたので、良かったらぜひ(^-^)。
    「日本への眼差し」
    ru-clip.com/video/Wo2nXd4fxU8/video.html

  • おれんじぷりん

    フランクフルト学派の影響について
    気づかせて頂いたのが田中先生です。
    おかげでアメリカの教育界における文化マルクス主義の浸透ぶりに気づく事が出来ました。
    日本を評価するユダヤ人と言えばレヴィ・ストロースが思い浮かびます。
    来日して日本の地域調査をなさっていた記憶があります。NHKの番組で市井の日本人の文化的な水準の高さに驚いたとおっしゃっていました。

  • gahaku
    gahaku Year ago +2

    アール・ブリュッドは文化の破壊と仰います。が、果たしてそうでしょうか?
    職人の名人芸やコンセプトだけのアートに対して、「絵が描きたいから、描いた。」
    といった、物作りへの純粋性のなかに美が現れることがある。といったものではないですか?

  • 万年床太郎
    万年床太郎 Year ago +9

    役者業の中でも稀有な保守論客だった津川雅彦氏の逝去が惜しまれる😑

  • rigusugu1
    rigusugu1 Year ago +5

    富士山の造形だけを見て、神々しさを見ないは一神教ならそう思えますね。唯一のあの神以外には神は無しなのですから、単なる山に神性を感じる事はないと思われます。あの山を作った神は偉大なりになるでしょうか?
    俺は無信仰ですが、富士山に神々しさを感じる時はありますね、高校の夏休みに登った時の美しさは今でも忘れがたい思い出です。いや富士山だけではありません。自然の超然とした美しさに神のごときものを見る時もあります。宗教などの教義を読むとバカバカしさを抑える事が出来なくなってしまうのですが、感性は否定するのもでは全くありません。
    サピエンス全史もホモデウスも読んでませんが、ホモデウスの方はNHKの番組で見たら将来、人類はAIとバイオテクノロジーで強化人間とその他の人になるとかいう、SF小説によくあるディストピアのお話らしいです(当然記憶が曖昧なのでいい加減)。
    サピエンス全史をネットの要約サイトで見ると、それほどすごい内容なのかなとも。ま、要約しちゃうとそんなものになってしまうのでしょうけど。

  • Joe Yoshida
    Joe Yoshida Year ago

    田中先生の講和内容と共有される内容ですのでぜひご覧ください
    1.まるまる三角、日本人と儒教圏国家
    ru-clip.com/video/tccUOT4BrPo/video.html
    2.宗教観比較
    ru-clip.com/video/mxXm7Fu3Bww/video.html

  • 藤原晴
    藤原晴 Year ago +5

    人間は一人では三日しか生きられない・・・。そうですよね、両親以外の人の力を借りなければ、生きられない!ユダヤ陰謀論を言う人は「歴史を知らない」その点は大正解だとおもいます。DHCの虎ノ門ニュースの一平さんも「ユダヤ陰謀論とか?」と、時々言いますが・・・「知ってて知らんふり?コメンティーターへの配慮ですかね?」日本には、パンダハガーや妓生ハガーと・・イスラエルロビーリストが多々いますからね。

  • cocobeauty
    cocobeauty Year ago +7

    とても待ち望んでました。田中先生 林原チャンネルさん ありがとうございます。

  • The153rdCat
    The153rdCat Year ago +14

    林原チャンネルは目の付け所が他と違う!田中英道先生の番組を始めてくださって 本当にありがとうございます!田中先生ほど世界の状況を把握している方は他にはいないと、私は思っています。田中先生の武器は様々な観点から日本や世界を見ること。政治からだけ、経済からだけ、日本史からだけ、美術史からだけと言ったように、専門馬鹿からの視点ではないから、世の中を包括的に見られるのでしょう。彼のユダヤ人論などは本当に鋭いです。これから林原チャンネルで、田中先生のご意見が聞けると思うとワクワクします!

  • Micky TheMiracle
    Micky TheMiracle Year ago +1

    www.amazon.co.jp/dp/B078NP5FT7/

  • ベテルギウスタウ

    勝川絵なんだから、絵を見ればいいのよ、当時の大衆習俗とか洒落っ気とかわからない物はわからない。スイカ絵の謎なぞ、現代日本人でもわからないよ。

  • ベテルギウスタウ

    地球人類史の中で、日本が世界史に刻まれることは、
    日露戦争、広島原爆、テレビの発明、の世界デビューわずか100年、
    外国人からしたら、それ以前は、天国の島内の物語なんでしょう。
    無理して目立つな関わらないでいいのです。

  • akihidekeystone1
    akihidekeystone1 Year ago +7

    田中先生ありがとうございました、これからも宜しくお願い致します

  • nanashi
    nanashi Year ago +9

    20:45~
    日本人にとっては自然が神を創っている(つまり汎神論)。ユダヤ人にとっては神が自然を創っている(つまり唯一一神教)。これが日本文化とユダヤ文化の決定的違い。正にその通り。またこれが東西比較文化の基本的出発点であろう。

  • いのうえ京子
    いのうえ京子 Year ago +14

    田中先生のサインは欲しいのですが、待ちきれずに近所の書店で『邪馬台国は存在しなかった』を購入して来ました。
     歴史話しをしている同僚に教えてあげるために、この後、読みます。

  • ゴリラ ゴリラ
    ゴリラ ゴリラ Year ago +22

    やはり田中先生の話は面白い。

  • 鈴木久美子
    鈴木久美子 Year ago +24

    欧米人の行き過ぎた個人主義に気の毒に思えるようになったのは先生のおかげです。

  • Catherine Moore
    Catherine Moore Year ago +8

    いまさら話ばかりで新味はまるでないわね。
    こういう教授はいた。
    セザンヌが富士の霊性を理解し得ないことと、多くの日本人美術留学生が根本的なクリスチャニティを理解できないのは、ただ相互的なこと。
    何十年こうやって講義してるんだろう。

    • 伊東眞由美
      伊東眞由美 11 months ago +1

      ユダヤ人のキリストを白人のように見せることにはてなを感じる日本人です。旧約聖書で十字架にかけられたキリストが何故見捨てたのかと天に向かって絶叫する、確かハバクク書に驚きを感じ、やっぱり死にたくなかったのね、キリストも、と思った。人の子であって神の子ではないキリストをローマ皇帝が都合よく利用して現在に至る、か。イスラム教、ユダヤ教、キリスト教、互いに罵り合い殺しあっているのが今。悲しいが、頑張れ、でも極東アジアには来ないでね~と願う。

    • Catherine Moore
      Catherine Moore Year ago +2

      あやしげなルネサンス本以外、入り口がラトゥールとか、お坊ちゃまがマンマじいさんになって、曖昧なことゆってる。
      文学部の講義ってこうだけどね。
      にしても面白くないワ。

    • Minako Enomoto
      Minako Enomoto Year ago +11

      私もそう思いましたが、貴重な体験をされている先生のお話はこれからも聞くに値すると思いました。

    • 森さらしな
      森さらしな Year ago +12

      今回は、そのことにフランス人も限界を感じているのではないか、というお話だと思いますよ。

  • 風の子
    風の子 Year ago +21

    田中先生が林原にお出になってうれしく思っています。過去の講演もほとんどyoutube で見ています。ユダヤにちゃんとお触れになっているのは馬渕先生と田中先生ぐらいなもので、あとは触れてても「擁護隠蔽論者」ばかりですね。最近田中先生に若干不満なのは「日ユ同祖論」などに組してる様子が有る事です。帽子をかぶった埴輪が古代にユダヤ人が日本に来た証拠になるのでしょうか?そもそもユダヤ人は大昔から帽子をかぶっていたのでしょうか?その埴輪は本物なのでしょうか?また秦氏の由来は真実なのでしょうか?私は日本の古代はまだ全然解明されてないという印象です。漢字が入るまで文字は無かったというのが定説ですが、いくつかの日本由来の古代文字も実際有るし、「ホツマツタヱ」のような歴史書まで有ります。世界最古の「磨製石器」が12万年前のもので長野の飯田で発見されてると聞いています。10万年前にアフリカから人類は移動し始めたという定説が既に覆っている。私は素人なので石器時代からの日本の歴史を探究する力は有りませんが、いろいろな俗説をも一度拾いなおしてあらゆる科学と考古学、文献研究を通して統一したものを誰か確立してくれないかと切に願っています。それをすると「記紀」の世界が崩れる恐れがあるにしろ、それが天皇の権威を貶める事にはならないと個人的には思っています。

  • ponzo minamino
    ponzo minamino Year ago +9

    国譲り文化と弱肉強食文化の違!
    西洋のサピエンス文化は徹底的に殺し合い、殺しに飽きると文化が変わる皆殺し文化、信じる者は自分だけ親兄弟妻子まで信じない生きもので全てが個人主義者で一匹狼の殺戮集団。
    その様に見えるのは私だけでしょうか?

  • RAH0712
    RAH0712 Year ago +16

    富士山の麓に住んでいますが、本当に多くの多国籍の人が四季を問わず訪れています。私は彼らをみて、その形だけでなく、日本人が感じる何か崇高なものを彼らも富士山にみるからではないかと思っています。

  • Jiken3
    Jiken3 Year ago +6

    大変勉強になりました。
    あちら(西洋・ユ)の個から発した歴史観と、
    和の日本の伝統文化に基づく歴史観は、
    根本的に違うのだ、ということで我が意を得たり!
    百田尚樹著の『日本国紀』と読み比べると尚結構ですかね?

    • いのうえ京子
      いのうえ京子 Year ago +6

      Jiken3さん、こんばんは ご存じかもしれませんが…田中英道先生は2018年6月『日本国史』育鵬社(発行)、扶桑社(発売)されておられます。読まれましたか?

    • iidaomine
      iidaomine Year ago +7

      Jiken3 様へ
      浅学の身で言うことではなく、失礼とは思いますが、
      田中先生のお話と日本国紀を同等に比べていいものなのでしょうか?
      違和感を感じました。

  • hayato ijuin
    hayato ijuin Year ago +10

    世界遺産になってるギリシャの神殿やイタリアの劇場跡や南米のペルーやメキシコ・アルゼンチンやブラジルの廃墟跡観れば解ります!オーストラリアも元を辿れば大英帝国の囚人島が目的で入植されてますからね

  • はるさくら
    はるさくら Year ago +17

    田中先生の「日本の宗教 本当は何がすごいのか」「日本人を肯定する」でほとんど答えは出てますね。あとはそのことを知って、自覚するだけだと思います。

  • 2017minami
    2017minami Year ago +18

    サピエンス全史、読もうかどうかを行ったり来たりしてます。アマゾンレビュー見てだいたいイメージはつかめるのですが。
    西洋人の考え方見方(もちろん人間の根っこにはその部分もしっかりあると思いますが)を知るのも良いかなと。
    聖書も同じ感じで読んでいます。エジプトで奴隷→そこから逃げ出し、荒野を40年さすらう→やっと次の世代が他人の居る
    土地を征服して定住ですものね。(まあそれが神のご意志だそうですけど。)日本人と全然違う価値観に触れるのも必要かと。

    • nanashi
      nanashi Year ago +5

      2017minami
      >エジプトで奴隷→そこから逃げ出し、荒野を40年さすらう→やっと次の世代が他人の居る
      土地を征服して定住ですものね。
      聖書の出エジプト記は有名ですが、出エジプトはなかったとユダヤ人歴史家シュロモー ザンドが言っています。
      ru-clip.com/video/AuLoMmjFONE/video.html
      ru-clip.com/video/TX_xXMsg9BI/video.html

  • 高い心ざし
    高い心ざし Year ago +22

    田中さん、講演会で拝聴するより、新鮮に感じました。日本には、田中さんの
    様な人が、おられる事が、日本の財産です。日本人が、日本を自覚する事の
    重要性を、御教え下さい。期待します。

  • かまくらm
    かまくらm Year ago +10

    感謝、感激しています。

  • mama maria
    mama maria Year ago +99

    馬渕大使が「真実は仰ってるのは田中英道先生くらいです。」と仰っておられましたが、まさかこんなに早く林原チャンネルで田中先生のお話が伺えるとは思ってもみませんでした。林原チャンネルの上質っぷりにただただ感謝です。馬渕大使、河添恵子先生、田中英道先生とあまりに豪華すぎて動画がアップされるのが楽しみでなりません。浜田代表、ありがとうございます。

    • Mado Ka
      Mado Ka Year ago +8

      私も同感です

    • Jiken3
      Jiken3 Year ago +19

      最も敬愛と尊敬できる馬渕大使、河添恵子先生、田中英道先生です。

  • YouQube05117
    YouQube05117 Year ago +20

    最近、海外のフェイク・ニュース・メディアによる安倍政権バッシングが少なくなったように感じます。やはり安倍政権とディープ・ステイトの間で何らかのディールが成されたのでしょうか。今年の4月からはじまる外国人労働者の受け入れに合わせるかのようにローマ法王の訪日も予定されています。その法王は移民難民の受け入れ政策に積極的な人物と見られていますが、つまりはそういうことでしょうか。また安倍さんは脱EUを目指す英国のTPP加盟にも積極的に動いていますが、ご自身の”セキュリティー・ダイアモンド”構想というだけでなく、これも安倍政権と英国シティーとのディールの一環なのでしょうか。

  • 茶トラ
    茶トラ Year ago +41

    いやー
    素晴らしいお方が加わってくださいました!!嬉しく思います。国史学会の動画で大変勉強させております。田中先生は馬渕先生と並び私の師です。もうお一人の師である水間政憲先生も加わってくださらないかな〜

  • sakamoto satoshi
    sakamoto satoshi Year ago +2

    ご存知かもしれませんが、田中先生に観て欲しいパリの芸術家がいます。dimaccio-museum.jp/information/cm/    
    なぜかこの画家の最大コレクターが日本人です。美術史的にどう位置付けられる画家なのでしょうか?

  • うっち〜toru
    うっち〜toru Year ago +34

    田中先生の出演を待ちわびていました。国史学会の公演は毎回見ております。
    世の中がどんどん荒んできており、先生の話を多くの日本人に聞いて欲しいと
    思っております。今後の放送を楽しみにしています。
    フランクフルト学派についても大いに語って下さい。

  • 青の時代の士AJ_SAMURAI

    田中英道先生の凄い所は挙げるとキリがないですが
    2014年8月時点の討論で、
    馬渕大使ですら「ナショナリズムが勢いづいてきたとは思えない」とおっしゃったのに
    田中先生は「ナショナリズムが台頭してきた」と反論してたことですね。
    それも馬渕大使が田中先生を尊敬なさる所以の一つだと
    勝手ながら推測します。
    馬渕大使の部分
    m.ru-clip.com/video/cgmmWJOf9B4/video.html
    田中先生の部分
    m.ru-clip.com/video/cgmmWJOf9B4/video.html
    *当方、決してチャンネル桜の宣伝隊ではないです。
    何故かいつもコメント削除を喰らっています。

  • Hideko Takasawa
    Hideko Takasawa Year ago +34

    田中英道先生 貴重なお話ありがとうございます。天皇を抱く美しい日本を先生のご著書で再認識致し、大切に守って行きたいと感じております。林原チャンネルで番組を作っていただき感謝しております。
    「パリ」は私も憧れ、その街並みを満喫した思い出があります。しかし、最初に空港に降り立った時、その汚さに驚愕したのも事実でした。
    パリのデモ隊の活動にも新しい時代の潮流を感じます。
    先生のお話にある、フランスでの日本の文化伝統に憧れのような救いに似た視点 求められてるものに 時代の要請を感じます。
    チャンネルの古事記シリーズのなかで、荒谷先生がフランスで日本の武士道 神道に熱い視線を注がれてる事実も共通しているように思います。
     世界史の中での日本史を紐解いてくださることは とても楽しみでまた学ばせていただけるのは大変嬉しく思います。
    先生のご著書を少しずつですが購入し、読ませていただいております。一度に全購入ができないので 図書館も併せて読ませて頂いております。
    神戸市ですが、先生のご本が予約で埋まっております。林原チャンネルで先生の放送がはじまり、益々人々に拡がって行くことは、日本人として誇りに思います。本当にありがとうございます。番組応援致します。

  • 1977ヒロ
    1977ヒロ Year ago +57

    田中先生、ありがとうございます。
    これからも楽しみにしています。
    よろしくお願いします。

  • ヤッホー花*花
    ヤッホー花*花 Year ago +69

    田中先生は馬渕大使により教えて頂きましたが、いや〜凄い!もうずーっと田中先生のお話吸い込まれております。

  • 越後のTORA次郎
    越後のTORA次郎 Year ago +42

    私たち日本人を羨む人種と疎ましく思う人種が確実に存在し、同じ人種の中でもその層は両方存在しているはずです。
    何故羨むのか何故疎ましく思うのかはそれぞれのバックボーンに依るところでしょうが、いずれにせよ日本という国の根源が余りのも世界の国々の文化の成り立ちと違い過ぎるために起こっている現象であることは間違いなさそうです。
    世界が一早くからその特殊な日本の文化に着目し、どうにかそれを自分のものにしてやろうと近代史になってから日本争奪戦のようなことをこの100年世界が続けているのが現代社会の一つの大きな潮流なのだと思います。
    知らずにのほほんとしているのは我々当の日本人だけだと感じてなりません。
    その違いを良いと思うか悪いと思うかに関わらず、非常に稀有がゆえに我が日本をどうにかしてやろうという思想が生まれたに違いないと感じていますし、だからこそ先生も仰ったように〝国譲りの精神〟という稀有な文化を持つ国である日本は事実上滅びないとも言えると思っています。
    世界に比べて我が日本人の知識レベルや思考レベルはどんどん劣化の一途で、日本をどうにかしてやろうと思っている勢力にとってこれ程の好機はないでしょう。
    その勢力に加担する事を喜々としてやっている政治家などはまさにその〝バカの見本〟そのものですね。

  • 景虎
    景虎 Year ago +60

    貴重なお話ありがとうございます
    トランプ大統領は国を持たないグローバルユダヤと闘いイスラエルのユダヤを擁護しているようですがその辺のお話も聞いてみたいです