「大嘗祭」夜通し続く儀式の裏側 宮内庁職員の苦労(19/11/14)

Share
Embed
  • Published on Nov 14, 2019
  • 14日夜に行われます大嘗祭(だいじょうさい)、大嘗宮の儀についてお伝えしていきます。
     このあと控えているのが「悠紀殿(ゆきでん)」と「主基殿(すきでん)」でそれぞれで行われる「供饌(きょうせん)の儀」です。悠紀は現在の東日本を、主基は西日本を指していて天皇陛下が神々に対して国の安寧(あんねい)や五穀豊穣(ほうじょう)を感謝して、自然災害が起きないよう祈る儀式です。そのなかで陛下は天皇の祖先とされる天照大神と神々に「神饌(しんせん)」と呼ばれる供え物を特別なお箸を使って、ひとつひとつ皿に並べられるとみられています。「悠紀殿」では栃木産の米「とちぎの星」などが、そして「主基殿」では京都産の米「きぬひかり」などが供えられます。儀式はそれぞれ数時間にも及びます。前回、平成の時には午後5時半ごろに悠紀殿での儀式が始まり、陛下が退出されたのは午後9時半ごろ。そして、間が2時間ほど空きまして主基殿での儀式が午後11時30分ごろに始まり、陛下が退出されたのは、翌日の午前3時半ごろでした。
    [テレ朝news] news.tv-asahi.co.jp

Comments • 7

  • 瀬戸伸一
    瀬戸伸一 2 months ago +3

    日本国の誇りと祈り。国人の為に祈ってくださる方たちには、長年のご苦労を感謝致します。天皇陛下には、お安寧ください。

  • いなり男
    いなり男 2 months ago +1

    日本語

  • 3 moon
    3 moon 2 months ago +11

    飛鳥時代から続く神祭り、古典好きな私にとって出てくるワードやお召し物に心踊りまくりです!

  • siraki77
    siraki77 2 months ago

    園韓神祭

  • Yoshi
    Yoshi 2 months ago +8

    この儀式終わったらみんなヘトヘトだわ

    • yuu
      yuu 2 months ago +2

      @大城光良 やりたい!

    • 大城光良
      大城光良 2 months ago

      その通りです。自分がやったらどうなるか、自分自身で考えるべきです。はっきり言って、やりたい人たちだけでやればいい。やりたい人たちがお金も出してやりたい人たちが自分でやればいい。自分は犠牲になってもいいと思う人たちがやればいい。