日本から見たサピエンス全史#5◉田中英道◉縄文時代の日本は世界最初の文明国家だった!

Share
Embed
  • Published on Feb 28, 2019
  • 日本の縄文時代こそが、世界に先駆けた文明開化の場所だった!16500年前の日本で、日高見国という国がつくられていた!太陽が最も近い、文明最先端の地へ、世界中から人がやってきていたことは想像に難く無い。
    一神教の西欧人は言葉を重んじますが、縄文土器の「形」から歴史を読み解く田中史観、ここにあり。
    ★「日本から見たサピエンス全史」再生リスト:bit.ly/2RondKP
    ★ 田中先生へのご質問・ご感想 info@hayashibara-ch.jp
    =========================
    <目次的な!>
    ・現在と過ぎし時を往還する豊かな歴史
    ・クロノジカル(年代順に並べる)ことが歴史ではない
    ・歴史家が語るということは、その時代のその人が語る”見方”
    ・歴史とは発見の旅、形と言葉の認識
    ・歴史家が構成し直すことで歴史が見えてくる
    ・「サピエンス全史」は言葉に焦点を当てていることが間違い、形で認識することが大事
    ・神が太陽を作った、自然を作った、と考えるユダヤ人(一神教)
    ・“太陽”という言葉の前に太陽がある
    ・『芸術国家 日本のかがやき 1 縄文時代から飛鳥時代』
      田中英道(2017年 勉誠出版)
    ・日本は最初から芸術国家だった
    ・世界には縄文時代という区分はなく、石器時代としている
    ・土器に装飾をした日本民族(西欧の土器は物を入れるだけの器)
    ・縄文時代とは何か?土器からの考察
    ・<縄文時代は16500年前から>
     青森県の大平山元遺跡の縄文土器は世界最古のものとされている(1998年発掘)
    ・縄文時代・・・草創期・早期・前期・中期・後期・晩期の6期に分けられる(約16500年前〜2300年前の間)
    または、紀元前約14500年〜300年の間 ※三内丸山遺跡は中期
    ・土器で煮炊きをしていたということは、定住して生活するということ
    ・いち早く自然と共生していた日本民族
    ・縄文時代は文字記録がないため、歴史家はあまり雄弁に語ろうとしないが、土器の造形から読み解ける歴史があるはず
    ・世界四大文明(エジプト・メソポタミア・インダス・黄河)
     紀元前3000年前後に始まったとされる
    ・縄文時代の土器と土偶(草創期)
    ・縄文土器の類は東日本に多い(関東、東北・北海道に多い)
    ・土器に装飾するということはどういうことか?
    ・観念を持っている、精神生活を送っていた
    ・『土器と造形 ー縄文の動、弥生の静ー』東京国立博物館(平成13年)より
    ・「縄文」に込められた日本民族の心
    ・縄には(神社の注連縄含め)精神が宿る(心を込める、包むという気持ち、畏敬の念、など)
    ・火焔土器と言われるが、火ではなく「水」の信仰ではないだろうか
    ・縄文土器に見る美しさと精神性
    ・日常的に使うものに美を見出すことは非常に日本人的といえる
    ・左右対称に幾何学的に作らないのも日本的な美
    ・日本民族の統一された精神性とは?
    ・唯物論(マルクス主義的な)では人間の歴史は(経済も)正しく語れない
    ・家族が元となり、村という共同体や信仰(自然信仰)をつくっていく
    ・世界最初の「国」は日本である
    ・国家 = 国という家(StateやNationに家という概念は無い)
    ・『日本の起源は日高見国にあった』田中英道(2018年 勉誠出版)
    ・日本の起源は日高見国
    ・「大倭日高見国」(おおやまと ひだかみこく)
     古代から伝わる祝詞『大祓詞』に記載あり
    ・太陽(お日様)を見る国(特に関東、東北、北海道)だから日高見国
    ・地名の日高、北上川(日高見川)、飛騨、などは日高見国の名残ではないか
    ・※ユダヤ人の埴輪に関しては前回(第4回)でお届けしました
    ・日本列島・西と東の文化の違い
    ・関東に圧倒的に人物埴輪が出土している
    ・太陽は人間の思考の基本(江戸時代までは)
    ・自然と土器と精神性
    ・単に実用性だけでなく精神性を帯びてくる(霊的なものが表現される)
    ・幾何学的なもの、エレガンスなもの、高貴なもの・・・
    ・抽象的なものを美とする=日本的感覚。ある種のファンタジー。
    ・中国も西欧もリアリズム
    ・考古学者は土器を技術的な観点で見るが、私は芸術品として見る
    ・縄文土器は完全な芸術品
    ・土偶の謎解き
    ・家庭、子孫、病気が何から始まっているか? (つづく)
    ※参考資料:『土器と造形 ー縄文の動、弥生の静ー』東京国立博物館(平成13年)
    #縄文時代 #縄文土器 #芸術国家日本
    =====================
    田中英道「日本から見たサピエンス全史」#5
    収録日:2018年2月6日
    43分
    製作・著作:林原チャンネル
    ★林原チャンネル 公式HP★
     www.hayashibara-ch.jp
    お問い合わせ・ご感想など:
    info@hayashibara-ch.jp
    チャンネルのお気に入り登録もお忘れなく!
    RU-clip 林原チャンネル:
    ru-clip.com/user/hayashibara-ch
    公式Twitter:
    yaramaika360
    =============================
    【浜田マキ子ブログ】
    林原チャンネル社長・浜田マキ子の毎日をレポートしています。
    (iPhoneでSiriを使って文字入力しているアラウンド・セブンティー!)
    収録情報も早いですので、ぜひチェックをお願いいたします^^。
    plaza.rakuten.co.jp/makikojournal/
    =============================
    【林原LSIのサプリメント】
    好評発売中!林原健がつくる極めて良質のサプリメント!
    林原LSIは日本人の健康と長寿と美をサポートします!
    ぜひご注文のほどよろしくお願いいたします^^!
    ・公式サイト: www.hayashibara-lsi.jp/
    ・公式オンラインショップ:shop.hayashibara-lsi.jp/ (定期購入割引、セット販売割引などお得なサービス実施中)
    ・Amazon:goo.gl/Qr5rfv
    ・楽天:www.rakuten.co.jp/hayashibara-lsi/
    ★特設ページ:「健康の根源は体の内側から!」
    shop.hayashibara-lsi.jp/product-buy-form/lp01
    ★林原LSI カスタマーセンター(ご相談・ご注文)
    0120-818-600(ハイハロー!)

Comments • 51

  • とんちかずくん
    とんちかずくん 25 days ago +2

    中学時代(◯十年前)、歴史授業の3分の1は、朝鮮応募工事例の反日教育だった。

  • 如月離雲
    如月離雲 29 days ago +1

    ヨーロッパでも中国でも文明が起こる都市国家は必ず大城壁がある。
    日本は城壁が必要なかった。それを大陸コンプレクスの学者どもが
    文明がなかったと言い張ってきた。もう騙されるのはやめます。

  • maki Hentona
    maki Hentona 2 months ago

    あの土器作品の豊かさの数々、、、絶対美術大会とかやってましたね
    展示会とかあれば、ぜひ行きたい!!

    そして壁画の風景が、ようやく理解できたような。
    氷河期からヒトは活動してたとか…超ワクワクする…!

  • 鬼龟桂
    鬼龟桂 3 months ago +1

    もううそをつくな

  • お前がそう思うんならそうなんだろう お前ん中ではな

    ヲシテ文字って古代文字があると聞いたことあるんですけど、どうなんでしょうかね。

  • Michiko Cuny
    Michiko Cuny 4 months ago

    最後の 土偶ですが 宇宙人みたいです。 よそから やってきたのでは? 素晴らしい 土器の デザイン に 感激です。 ピカソが 知ったら
    嫉妬するでしょうね。 たくさんの 写真を 有難うございました。
    パリの なでしこ

  • nakajima
    nakajima 5 months ago +1

    40:30 生け花したくなる土器ですね

  • ミーチャン
    ミーチャン 5 months ago +1

    確かに、聖徳太子が、当時中国「隋」の「日出国の~~云々」と書いたというが、大阪や奈良にだけに住んでいたら、日出感覚は、出なかったんじゃないかな~~と、関東、常陸(日立)辺りを同一国家でなかれば、無い発想であろうな~~?

  • 00kumakuma
    00kumakuma 5 months ago

    一般に鉄器を使用した耕作から食料余剰が出て、一日中食糧確保に追われなくなる人が出て文明が花咲くけど、日本列島は自然の恵みのおかげで食料確保に明け暮れない人が出てきて文明が花咲いたんだろな。あと、無駄に争いがなくて社会資本の蓄積ができた。

  • かずヤン
    かずヤン 7 months ago +1

    日本の貴重な歴史は 考古学界になんか 任せたら また 捏造するからね!日本の考古学会なんか 自分の出世も考えながら
    行動するし GHQと繋がってるから みんな 無かった事にされちゃう 学会が見つけたモノ以外は世の中に出さなかったり
    考古学として 平気で 有るまじき行為をどこでも やってんだよ!自分がそうと思ったら正しいモノがあっても 意地で
    それを通そうとするしね!居なくて いーよ 本当の日本の考古学には 必要無いよ!
    世界最古の磨製石器が見つかっても 何処かの国に気を使って 打製石器だ!って言ってるし
    菜畑遺跡で6000年前の稲作跡が見つかっても 世の中に 出さないしね!数えたらキリがない!

  • No.3 Kazenoko
    No.3 Kazenoko 7 months ago +2

    私は「ユダヤの埴輪」の話が田中先生から語られるまでは信頼していました。今はいろいろ非常に懐疑的に見ています。特に「記紀以前に文字は無かった」と断言していて数ある日本の古代文字には全く興味を示さない事には閉口しています。お説によれば「日本人に言葉は不用だった」という事ですが、紀元前3500年頃の青森三内丸山遺跡の威容をみて、建造中に文字が無いとすれば、建築が不可能じゃないかと思うのです。むしろ逆に「文字が無い」事の不自然さを想うべきなんじゃないでしょうか。

    • お前がそう思うんならそうなんだろう お前ん中ではな
      お前がそう思うんならそうなんだろう お前ん中ではな 4 months ago

      この方は全体的な流れとしては良いこと言ってるんだけど、「言葉」と「文字」を混同して使ったり、美術史以外の専門外の知識になると、とたんに適当なこと言い出すんだよね。美術史もデュシャン以降を無視してるようだし。もっとかっちりとデータを積み上げて学者的に話さないともったいないな。
      きっちりと根拠を示さないと、時々ただの独り善がりの日本万歳と同じに聞こえちゃうんです。

  • 1 cowlyhorse
    1 cowlyhorse 8 months ago +1

    未だに殺し合いが続く世界で穏やかに、心豊かに暮らすとはどういう事かの実例ががここにあったのですね。恐らく我々の周囲にも受け継がれて来ている何某かが溢れているのでしょうが、日本人の自慢話で完結させるべき話では無いでしょうね。

  • Joe Yoshida
    Joe Yoshida 8 months ago +3

    7万年前から東へ、太陽の昇る向かって歩き、日本で世界最古の平和な国を築いていたことを古墳とともに示すとともに、世界平和には日本の太陽神のような自然信仰が必要なことを示しています。日本全土が神社と考えることで反日分子を戒めることができることも示しています。ぜひ一読ください
    キーワード:人類の脳から湧き出す無限の欲
    アドレス:ru-clip.com/video/_7hVPkJjRG8/video.html

  • 佐々木憲章
    佐々木憲章 8 months ago +4

    若い頃、電話番号を沢山覚えていました。先生の言うと通り文字の無い時代の方が頭が良いと思います、文字は噓の始まり。縄文土器のような現物は嘘をつきませんし噓は文化を育てない。埴輪にしてもダビンチやミケランジェロの造形が全てですね。

  • ヨッシーユッキー
    ヨッシーユッキー 8 months ago +13

    16500年前から、日本人は定住して、精神生活していた。
    縄文期に日本の建国がなされていた!
    縄文時代の日本は、世界最初の先進文化文明国だった!
    「造形が精神性を表現している」というのは素晴らしい慧眼だと思いました。

  • Keisuke Yanagimachi
    Keisuke Yanagimachi 8 months ago +4

    写真集に掲載された土器たちは自分が知っている縄文土器の概念を遥かに超えています。精緻な細工によって醸し出された成熟した造詣はある高みに達し、豊穣な精神性が直感されました。

  • hul polkfdruu
    hul polkfdruu 8 months ago +1

    先生 質問だよ。 ユダヤの伝統と日本の伝統が似てるとか ネットでよく見るんやけど・・ ユダヤが神道に同化したんじゃなくて ユダヤが神道を作ったということではないんか? 実はシュメール文化ぐらいの大昔からたくさんの人が来ていたということはないんか? サダムフセインさんのブレスレットに菊のご紋とか、シュメールの建造物に菊のご紋とかあったりするんやろ?

    • ヌコヤマト
      ヌコヤマト 7 months ago

      竹取翁博物館の動画をみては?

    • tronfun
      tronfun 7 months ago +1

      縄文が時代的に古い。八ヶ岳山麓で発掘された縄文のビーナスは、中近東で発掘されたイナンナ像の原型。

  • Tetsuya KISHIDA
    Tetsuya KISHIDA 8 months ago +2

    たいへん学習しました。

  • ファイブローン
    ファイブローン 8 months ago +4

    考古学的には3万年前の磨製石器時代から縄文時代に続き、9千年前九州南沖の海底火山の噴火で縄文人の90%が死滅し、生き残った北海道の縄文人が南下したあとに樺太と千島の2種族のアイヌが北海道に入ってきたという説が有力だと思う。歴史は子供に神話を教える意味もあるため、古事記から教えるのが良いと思う。

    • あさ
      あさ 8 months ago +1

      @No.3 Kazenoko やはりその当時の環境情報がわからないと現在の視点で考えてしまいがち

    • No.3 Kazenoko
      No.3 Kazenoko 8 months ago +2

      ファイブローン さんへ。日本の石器時代から古代の知識はCGSの小名木善行氏に依るところが大きいのですが、氏によると日本最古の磨製石器は12万年前のものが長野県で見つかっているという事です。アフリカから10万年前に人類が移動を開始したというのが定説ですが小名木氏が言うのが正解ならこの前提が崩れるんですがどうなのでしょうね。鹿児島の南部の鬼界カルデラが大爆発を起こしたのは7500年前と聞いてます。それで関西以西には人が住めなくなったという事です。縄文時代の人口が関東以北に集中してたのは理にかなってますね。また当時日本は亜熱帯気候で因幡の白兎の「ワニ」の逸話はその記憶が消えないうちに古事記が書かれたという解説を小名木さんがしてましたね。ファイブローンさんの説とは若干ずれが有りますが、日本の各歴史学会はもっと真剣に日本の古代を研究してほしいですね。現代科学を駆使すればもっとずっと真実に近付けるのではないでしょうかね。

  • gomiakuta
    gomiakuta 8 months ago +26

    日本人は決して日本国憲法によって平和になったのではなく、そもそも縄文の頃から、
    家族単位を中心として生活できるほどに平和な民族として生きてきた、という事なのでしょうね。
    生活にゆとりがあり、かつ平和であるところに、初めて人間らしい美意識を持った文化が生まれた。
    世界の希望になれるものがそこにはあるのだと思います。

  • いのみち
    いのみち 8 months ago +7

    土偶については似たものが海外にもあったり、宇宙人説があったりと、とても謎が多くて面白いですね。

  • Micky TheMiracle
    Micky TheMiracle 8 months ago

    twitter.com/mickythemiracle/status/1100624753302196224

  • The153rdCat
    The153rdCat 8 months ago +5

    興味深いトピックでした。田中先生ありがとうございました。きっと土器はお花をいけるのにも使われていたでしょうね。16500年前と言えば、地球に隕石が当たって地球を15度傾かせたとか、自転を少し戻したという説もあるようですから、その災害の時の炎などを表しているかもしれないし。

  • begiramaエンコリの
    begiramaエンコリの 8 months ago +11

    (◎_◎;)縄文時代から、日本人て薄い本とかフィギュアとか、自作してたようです。

    • あさ
      あさ 8 months ago +5

      オタクのフィギュア好きは遺伝かな⁉️

  • Yoshiharu Nakai
    Yoshiharu Nakai 8 months ago +3

    日本人やその歴史、美術を愛しておられるのは敬服致しますが、ユダヤ教などに対する不注意の聞こえる言葉が気になります。縄文遺跡が東日本に多いというのも、遺跡が発掘される様な状態で残っているかどうかという事がまず問題になると思いますが。 いずれにせよ、退官されて、或いはネット上だからか、緊張感なく発言されている様に見えるのが残念です。

    • No.3 Kazenoko
      No.3 Kazenoko 8 months ago +4

      Yoshiharu Nakai さんへ。なんかだらけてましたね。何を言ってるのかよく分からないまま「聴き捨て」状態で何も残ってませんww。縄文遺跡が東日本に多いのは7500年前に鹿児島の南の「鬼界カルデラ」が大爆発を起こし、関西以西には人が住めなくなった事が有ると思います。「因幡の白兎」に出て来る「ワニ」の骨が大阪辺りでたくさん発掘されてるようですが、当時は亜熱帯気候で東北の気候も良かったんじゃないかと想像します。

  • たこ焼きマンFPSゲーム実況

    お話を聞いていてわくわくします(^^)

  • 羽田共男
    羽田共男 8 months ago +12

    幼少期からの思いですが、作り出す物の全てに柄を付けて、表面の肌合いを大切にし、何かに見立てたりする心を共通に持ち合わせていることは日本の特徴でしょう。磨き上げて光る表面に特殊で尊い美を感じることも、「地(じ)」を創ることに専心することにも、本能に近いものがあるような気がします。
     古代の人々の美意識が実用性のみでなく、抽象的な形にも発揮されることが当然だったと共感できて嬉しくなりました。
     教えられてきた古代日本人像に違和感をずっと持っていましたので、今回お話頂いたことで本当に腑に落ちました。

  • kako
    kako 8 months ago +45

    本当の歴史を早く義務教育で教えて欲しい。
    歴史の事実を教えれば、日本人は必ず誇りを持ち自信を取り戻すと思う。

  • bluepearl
    bluepearl 8 months ago +18

    縄文土器は芸術作品として美しいだけでなくわびさびの美意識すら感じさせる。

  • kei go
    kei go 8 months ago +26

    先生のお話で縄文に興味がわきました。土器はうつくしいですね。実物を見にいきたいし、その場所も見てみたいと思います。はるか昔の人の手がふれている土器。興味深いです。最近は保守系のサイトでは縄文の長さやそのすばらしさを他の文明と比べてみたりしています。(最近親子でちょこっとというサイトを見るようになりました。読書サイトです)
    先生のご専門もここで拝聴できるならとてもお得ですが。それはないですね。これからも楽しみにしています。
    チャンネルにもありがとうといいたい。

  • 東郷平八郎
    東郷平八郎 8 months ago +21

    大学卒業してから日本史が好きになるとは(笑)

    • 林原チャンネル
      林原チャンネル  8 months ago +13

      だいたいみんなそうです^^(それだけ学校の歴史授業がつまらない)
      仕事をやるようになって一般常識として学ぶ人もいるでしょうし、定年後にもっと好きになる人も多いのではと・・・

  • myっちんぐ
    myっちんぐ 8 months ago +10

    イエス・キリスト(ユダヤ人)も
    五十鈴(イエズス)川の近辺から
    青森県の方へと移住してますよね。
    竹内睦泰氏(竹内文書)情報より。

  • ゴリラ ゴリラ
    ゴリラ ゴリラ 8 months ago +8

    縄文字の話もききたいです。

  • 小島昭浩
    小島昭浩 8 months ago +18

    歴史というのか考古学というのか、分かりませんが、日本人はこんなに太古の昔から美意識を考え持ち、今日に至って来たのには理由があるような気が増して来ました。
    私達は何度も生き返っているのかなっていう事が、私の中では確信に近寄りつつあります。人間の原点は日本にある気がしてやみません。日本人に生まれた事に、誇りを持ち何かを神から期待をされ、そして試されているような気さえします。
    時世も日本人であるように全ての物に目を向け、感謝の心を改めて持ち続けようと思います。

  • 田織園斎
    田織園斎 8 months ago +8

    動物が襲ってこないではなく、動物を襲わない。

  • モモヒン
    モモヒン 8 months ago +16

    ウチの中学生も聞いてるのダ。

    • はるさくら
      はるさくら 8 months ago +3

      無国籍の教育で育ったものからすると羨ましいです。

  • Jin Morinaga
    Jin Morinaga 8 months ago +20

    私説に過ぎませんが、土器に縄目を着けたのは持ち運びする際に手から滑り落ちしないようにした滑り留めではないかと考えられる。機能美と実用性を兼ねて当時の人々が土器を作っていたとしたらなお凄いことにですね。

    • あさ
      あさ 8 months ago +1

      素晴らしい❗正解ですね

    • 景虎
      景虎 8 months ago +7

      Jin Morinaga さん
      なるほどそんな事考えた事ありませんでした
      ありえそうな説ですよね

  • Taka chan
    Taka chan 8 months ago +29

    田中先生のお話を聞けることに感謝します。有難うございます。